藤平尚真投手が楽天先発投手陣の一角へ

    

藤平尚真投手は、2016年のドラフトで単独1位指名を受けて、

楽天イーグルスに入団しています。

 

次世代のエース候補として、また、

イーグルスの先発投手ローテーションの一角として大きな期待があります。

 

楽天の歴代投手のエースの岩隈投手や田中投手、

則本投手や松井祐樹投手に共通するものがあると感じています。

 

今回は藤平尚真投手についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

藤平尚真のプロ入り前

 

藤平尚真投手は、千葉県富津市の出身です

 

1998年9月21日生まれで、

185センチの85キロという体格です

 

小学校1年生から野球を始めています。

 

小学5年生の時に小学生陸上交流会の千葉県選考会に出場して、

ソフトボール投げで71m13㎝という大会新記録で優勝しています

 

当時から「強肩」であり、肩が強かったことがわかりますね。

肩の強さって天性ですからね。

 

小学6年生では千葉ロッテマリーンズジュニアに選抜されて、

2010年には12球団ジュニアトーナメントで優勝を経験しています

 

強いチームに所属しても、

優勝するのは一番難しいとさえいわれています。

 

まさに「運も実力のうち」といったところでしょうか。

 

中学生時代は千葉市リトルシニアで活躍して、

U-15にも選抜されています

 

横浜高校に進学して、1年の春からベンチ入り、

秋にはエースとして登板しています

 

3年生の夏に甲子園出場を果たしています。

大会後にはU-18の日本代表に選抜されています

 

 

そして、2016年に楽天イーグルスに、

ドラフトで単独1位指名を受けて入団しています。

 

 

経歴からみると、「エースの経歴」にほかなりませんね。

野球漬けの毎日ですが、選抜選手や優勝を経験しています。

 

 

成るべくしてプロ野球選手になったとしか思えませんね

 

 

藤平尚真投手のプロ入り後

 

藤平尚真投手の背番号は「19」です

 

筆者も尊敬している元監督の野村克也さんの背番号を引き継いでいます

 

楽天イーグルスという球団が藤平尚真投手にかける期待がどれほどなのか、

背番号から汲み取れてしまいます。

 

不思議と因縁めいたものを感じざる得ませんね

 

 

契約金は1億円、年俸は推定で1500万円です

 

入団会見で、「チームの中心選手になれるよう気持ちをもってやりたい」、

と語っていました。

 

 

ルーキーイヤーから登板しています

 

2017年シーズンは開幕当初は2軍でしたが、

6月16日に1軍へ昇格しています。

 

その日の交流戦である阪神タイガース戦に先発して、

1軍初登板、5回2失点で敗戦投手になっています

 

8月22日の千葉ロッテマリーンズ戦で、

5回無失点でプロ入り初勝利を記録しています

 

 

登板全てが先発投手として登板しています

 

最近は投手の起用法で多いのが、「中継ぎを経験させてから先発へ」、

というのがほとんどですね。

 

藤平尚真投手に関しては、8試合とも全部先発として登板させています。

 

いかに完成度の高い投手なのか、推察できますね

 

 

2017年は8試合に登板して、

3勝4敗、防御率2.28という成績でした

 

投球回43.1なので、5回か6回でマウンドを降りています

 

ルーキーとしての体力の考慮や、楽天の中継ぎ陣が安定していましたね。

与四球15というやや多めの気もしますが、荒れ球の速球が持ち味です。

 

 

150キロを超える直球が魅力ですね

 

ストレートを平均しても140キロ後半の球がほとんどです。

直球で勝負できる、空振りをとれる投手こそエースの品格です

 

かつての楽天イーグルスのエース、岩隈久志投手や田中将大投手

そして現在のエース、則本昂大投手や松井祐樹投手に共通しています。

 

素質やセンスは申し分ないので、今年一気にブレークしそうな予感ですね。

 

体力や制球力に課題」なんて報道されたりもしていますが、

登板を積み重ねるうちに解消できるでしょう。

 

 

この関連記事もよく読まれています。

楽天イーグルスの松井祐樹投手、2018年は100セーブ達成

楽天の岡島が選手会長に就任。第3捕手として起用も

プロ野球合同トライアウトとは?テストの内容や合格率は?

 

スポンサーリンク

 

先発ローテーションの一角へ

 

2018年は先発ローテーションの一角として期待です。

 

オープン戦でも藤平尚真投手は好成績を残しています。

先発ローテーションを意識した登板内容でもありましたね。

 

どれだけ長くローテーションを担えるか、ですね。

故障さえなければ問題ないでしょう。

 

 

田中将大投手も松井祐樹投手も2年目に大きく飛躍しています

 

イーグルスの高卒のドラフト1位投手のあるある?です。

藤平尚真投手も引き継いでいく気がしています。

 

プロ野球ではよく「2年目のジンクス」という、

あまり良くないイメージがあります。

 

そのジンクスを跳ね飛ばした選手が大きく飛躍していますね。

特に将来を期待されている選手ほどその傾向は強いです。

 

 

気負い過ぎないようにしてほしいですね

 

特にイーグルスは大投手が多いので、

良いお手本となって見習うことが多いでしょう。

 

ただ藤平尚真投手は、

まだ失うもののほうが少ないので細かいことを気にし過ぎず、

ドンドン試してもらいたいですね

 

球団の期待やファンの期待に気負いしないで、

自分の野球を追及して楽しんでもらいたいですね。

 

無理して故障とかしてほしくないですからね

 

 

✅ 2018年の成績は?(9月17日まで)

 

12試合に登板して、4勝6敗の防御率4.28

被本塁打11本四球が46という成績です。

 

完投を1試合成立させています。

自己最多勝利の4勝を挙げています。

 

2017年の四球は15でしたが、

2018年はすでに大きく超えてしまっています。

 

速球の荒れ球が持ち味でもあるのですが、

四球で自滅する試合が目立っています

 

投球回と制球が今後の課題でしょうね

 

まだまだ若いのでこれから期待です。

 

 

藤平尚真投手のまとめと筆者の感想

 

藤平尚真投手は生まれついてのエースでしょう

 

プロ野球ファンであり、楽天イーグルスのファンである筆者なので、

独断と偏見な部分ばかりですが。

 

経歴を見る限りでは、「エースの称号」を常に背負ってきています。

それって本当に限られた人しかないもの、だとも感じています。

 

 

本当に故障だけはしてほしくないです

 

怪我や故障さえしなければ、慌てなくても実績が確実に残せる選手ですから。

変に義務感を感じて無理しないでほしいですね。

 

ずっとエースとして投げ続けているからこそ、

一番に自分の体や心のケアを大切にしてほしいです。

 

プロ野球選手としてマウンドに立ってることを楽しむくらいで

 

 

筆者は8勝を予想しています

 

2017年の3勝の倍の6勝は、最低でも超えて欲しいですね。

 

彼が二桁勝利することもあれば、

楽天イーグルスは優勝争いの位置にあるのは必然でしょうね

 

藤平尚真投手の直球で、

奪三振や打者をねじ伏せる投球を楽しみしています。

 

 

この記事もよく読まれています。

楽天イーグルス、2018年の開幕スタメン選手を予想

3.11東日本大震災から7年が経ちます。風化させてはいけない

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

 

この商品はずっと人気です

東北楽天ゴールデンイーグルス 田中将大 KISEKI プロ7年間の軌跡と奇跡の無敗記録 [DVD]

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文