2月1日は雪に注意。関東地方の広範囲の予想。

    

2018年2月1日~2月2日に、関東地方で雪が降る予想がされています。

関東地方の広範囲の地域に予想されています。

首都圏や東京にも降雪が予想されています。

 

1月22日には東京では4年ぶりとなる大雪が降ったばかりですね。

寒い日が続いていて、まだ雪が溶けていないところも多いですよね。

 

そんなところにまた雪が降ってしまうと、

通学や通勤にかなりの影響が出ると予想されます。

雪が降る前に準備もしておきたいものですね。

 

今回は2月1日の雪が降る予想について、まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

2月1日に雪の可能性

 

2月1日から2月2日にかけて、

関東地域に雪が降る予想がされています。

 

正直、「また降るのか。」という感じですよね。

1月28日の情報を参考に情報をまとめています。

 

 

南岸低気圧」の影響により、積雪のが予想されています。

1月22日に大雪になった要因と同じ低気圧が影響しています。

 

気温がなかなか上がらない原因でもありますね。

 

 

2月1日の午後から雪が降り始めて、

2月2日にピークを迎える見込みです

 

ただ、1月22日よりは気温が高いために、

22日ほどの積雪はないという予報ですが、

あくまでも「予報」ですので、準備や計画はしておくのが無難ですね。

 

 

東京や首都圏にも降雪の予想がされています

 

関東地方の広範囲に降雪の予想がされています

 

1月22日の大雪は、

帰宅ラッシュの時間と重なり交通機関に大きな影響が出ました。

 

まだ雪が残ってないうちに、また雪が降ってしまう予想が出ています。

 

 

通勤時や帰宅時に時間がかかってしまうことも予想されます

 

今回も通学や通勤にまた影響が出る可能性があります。

時間に余裕を持って、通学や通勤することがとても大切です。

 

交通機関の確認をしっかりしておくことが必要です

 

 

1月22日の雪はまだ溶けていない

 

1月22日に大雪が降ったばかりですね。

あれから寒い日が続いていて、まだあちこちに雪が残っています。

 

 

1月22日は、

東京では4年ぶりとなる大雪が記録されました

 

南岸低気圧」の影響で都心でも20センチ以上の積雪になっています。

今度の降雪予想もこの「南岸低気圧」が通過して影響する予想です。

 

 

帰宅ラッシュ時に降雪が重なり、

交通機関に大きく影響しました

 

昼前くらいから降雪が増して、

夕方を迎えるころには、10センチ以上の積雪となっていましたね。

 

車や電車、飛行機にも大きな影響を与えてしまいました。

高速道路の通行止めや帰宅困難者が出てしまうほどの影響がありました

 

 

予報では積雪は10センチほどだと言われていました

 

22日前の天気予報では、

都心部は10センチ程度の積雪だと予報されていました。

 

だが、実際は20センチを超える積雪となっていました

 

あくまでも「予報」であり、

積雪の量までは正確に示せないということです。

 

スポンサーリンク

 

雪が降る前に備えておくこと

 

まだ1月22日の雪が溶けきっていない地域も多いでしょう。

 

また雪が降ってしまうと、

積もってしまいそのあとはまた凍ってしまいますね。

 

雪が降る前に準備はしておきたいものです

 

 

家のまわりや道路などには、

融雪剤を利用しましょう

 

あらかじめ雪が降る前に融雪剤を撒いておくと、

積雪や凍りつくのを抑えてくれます。

 

家のまわりや道路などによく通行する場所に融雪剤を利用します。

 

 

塩化カルシウムや塩化ナトリウム、

塩化マグネシウムなどが一般的です

 

融雪剤は、

散布してからすぐに効果が出るものではありません

 

雪の降る前にあらかじめ撒いておくことで、

じわじわと積もった雪や凍った雪を溶かしてくれます。

 

 

筆者おすすめの融雪剤はこちらです。

塩害の影響が少ないので安心して使えます

コンパル 無塩 凍結防止剤 融雪くん 2kg

 

融雪剤についてはこちらのページで詳しくまとめています

融雪剤を撒くときのタイミングとは?

雪を素早く溶かす方法とは。お湯がダメな理由

雪の日に車のワイパーを上げるのは意味があるかないか

 

 

2月1日の雪の予報のまとめと筆者の感想

 

1月31日~2月1日は、特に通学や通勤時、

また帰宅時には雪に十分注意してくださいね。

 

また、徹底した防寒対策も忘れず行ってください

 

雪が降るときは気温も下がってしまうため、

体調を崩しやすくなってしまいます。

 

 

雪が降ってしまうと、交通機関に大きな影響が出てしまうため、

道路情報や電車の運行状況、

飛行機の運航状況などよく確認しておきましょう。

 

渋滞や交通機関の運休など発生することがあります

時間に余裕を持って行動することが大切です

 

 

雪が降る前にあらかじめの家のまわりや道路には、

融雪剤を利用しておくと後々助かります

 

積雪や凍結を最小限に抑えることができますよ。

効果が出るまで時間がかかるので、事前に散布しておくことが必要です。

 

 

22日は大雪による交通のトラブルや事故の多く発生しています。

また、帰宅困難者や渋滞で運送業の配達ができない事態にもなりましたね。

 

スーパーやコンビニでも食品の品切れがありました。

 

買い物も事前に済ませておくことをおすすめしますね

 

 

あくまでも予想なので、雪が降らないに越したことはありませんが、

事前の準備は必要であるし、とても大切なことです。

 

そうすることで、最悪の事態を避けることができますね。

 

 

この記事は1月28日の情報を元に作成しています

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文