迷うくらいなら行動する。できない理由から考えてないか?

    

日々の生活の中で、

選択に迷うことはたくさんありますね。

 

なにかを始めようとするときや、

なにかを変更したり辞めようとするときもあります。

 

迷う時間も大事ではありますが、

無駄」や「後悔」を恐れて、

実際は「なにもしない時間」を過ごしていませんか?

 

今回は「迷うくらい行動するべき」について、

まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

なぜ迷うのか?

 

・その選択が自分にとって最適であるか?

 

迷う理由はまずそこにあります。

自分にとって最適であり、最良の選択をしようとしています

 

あえて「試練」と受け止めて、

自分にとって厳しい選択を選ぶ人もいます

 

ただ、ほとんどの人は、

今後の自分にとって良い方向へ進む道を選んでいます。

 

その決断の影響力が大きいものほど、

人は迷ったり悩んだりする時間も大きくなります

 

悩みや迷いはその人にとっては重大な問題であって、

他の人から見れば大したことがなかったりしますよね。

 

 

・「後悔したくない」という思いから

 

後悔したくないから」「後悔しないために」、

という思いからも迷いは発生しています。

 

あのときはこうするべきだった」「失敗した」、

などという人生の経験から後悔は生まれています。

 

「後悔すること」が悪いことのような感じにさえ、

受けとれてしまうことがありますね

 

後悔したくない」という決まり文句はよく聞きますが、

後悔しないで生きていくことは可能なのでしょうか?

 

 

・後悔しない人生なんてどこにもない

 

後悔することでそれはその人の経験値となり、

今後の人生で役に立てているからです。

 

大なり小なりみんな「後悔する」ことを経験して、

人生を歩んでいます。

 

「後悔しないで生きる」なんてとても美しい台詞ですが、

実際に生きてくうえでは不可能でしょう

 

後悔や失敗を経験して、

その経験から成功を生み出していくからです

 

 

仮に後悔や失敗のない人生があるとしても、

それは成功することもなく、それ以下やそれ以上にもなりません

 

スポンサーリンク

 

迷うくらいなら行動する

 

・「保留」という選択肢もある

 

あなたが今どんなことに悩んだり迷っているかは、

筆者は残念ながら知ることができません。

 

その問題があなたにとって大きいものほど、

悩んだり迷う時間も長くなってしまうでしょう。

 

ただ、今ずっと考え続けて結論が出ますか?

 

とりあえず「保留」にしておいて、

今できることだけやってみませんか?

 

抱えている問題が大きいものほど、

すぐに改善策も出ないものです

 

全く考えない」のも良くないことですが、

考えすぎる」のはもっと良くないです。

 

結論を急ぎすぎたり、

白黒つける」ことにこだわらずに、

保留中」しながら今できることをやってみてください。

 

 

・世の中は灰色だらけ

 

実際に社会という世の中は「灰色」の部分が多いですよね。

白黒」つけることにこだわる人は認めたくないでしょうね。

 

すべてのことが正しいわけではないし、

すべてのことに「白黒」つけられているわけじゃありません

 

人生も考え方によっては同じです

 

抱えている問題によってはすぐに、

白黒」ハッキリさせないことが最善なときもあるんですよね。

 

物事が解決するときには時間やタイミング、

介在する人間が重要です

 

それならば今すぐできる、

行動できることに切り替えるべきです。

 

悩みが迷いが複雑で深刻なものほど、

一瞬で消えるような魔法はない、ということです。

 

 

・今できることだけはやっておく

 

悩んだり迷う時間は大事です。

ただ、それだけに囚われてしまうのはどうでしょうか?

 

ずっと考えているのに結論が出ないことは、

きっと明日考えても出ないでしょう

 

一旦「保留」にして少し距離おいて、

今できることをやっておくことがとても大切です。

 

具体的に例えるなら部屋の掃除でも、

ベランダの掃除でも良いです。

特になにかを綺麗にすることがおすすめですね

 

しなきゃいけないことをまず片付けてから、

好きなだけまた悩んだり迷ったりすれば良いです。

 

「なにもしたくない」ときもあるでしょうが、

そこに囚われ過ぎて「時間」と「行動する意欲」を失うのは、

一番怖いことです

 

この記事もよく読まれています

➡道具にこだわる人は自己投資ができているから成功できる

➡「汗水垂らして働くこと」から読み取れる意味とは?

➡悔しかったら努力して行動するだけで前へ進むことができる

 

できない理由から考えてないか?

 

・できない理由から考えるのはやめる

 

なにかを始めようと行動するときに、

迷ってしまう一番の原因のひとつです。

 

自分には無理」「自分にはできない」、

という思い込みから迷いになり、

ついには行動できなくなってしまうことがあります

 

家事が忙しい」「仕事が忙しい」「時間がない」、

などのできない理由から探してしまうこともありますね。

 

実際にやってみてダメだったら、

できない理由を考えれば良いだけです

 

やる前に行動する前に「机上の空論」を浮かべても、

なにも得られるものはありません

 

 

・やってみればどんな自分になれるか想像する

 

迷っている問題で克服できたらどんな未来にのなるのか、

まず想像してください。

 

どんな試合でも負けに行く人はいませんね、八百長以外は。

少しでも「勝ちたい」気持ちがあるから練習するわけです。

 

迷いの先にどんな自分が待っているのか、

どんな未来になるのか、を想像して行動してくださいね。

 

 

・「無駄」とか「後悔」は行動してから感じるもの

 

無駄な時間は過ごしたくない」「後悔はしたくない」、

なんてお決まりのように聞く台詞ですね。

 

無駄」と「後悔」を恐れるばかりに、

行動を起こせない人はたくさんいます。

 

なにもしない時間のほうが「無駄」であり、

「後悔」する時間になってしまいますよ

 

迷う時間も必要ですが、

実際に行動してから「無駄」や「後悔」を経験してください。

 

やる前に感じるものじゃないんです

人から言われるものでもないし、

自分で感じるべきものなのです

 

そのときは「無駄」や「後悔」だと思っていた時間は、

貴重な経験値となっていますよ。

 

無駄」や「後悔」というワードには、

良いイメージがないようですが、

感じることは決して悪いことではありません

 

 

「迷うくらいなら行動する」のまとめ

 

・「習うより慣れろ」は大事

 

今は大抵のことがネットで調べることができますね。

でも、実際に感じたり行動するのは自分自身です。

 

ネットの情報を基に知識を増やしたり、

行動の基準にすることもあるでしょう。

 

でも事実かどうかは、

自分自身で判断することが求めてられていますね。

 

どの世界でも「習うより慣れろ」は基本です。

そこにはまず「行動」や「経験」という意味が含まれています。

 

やってみないとわからないことのほうが実際多いですよね。

聞いていたより」「思っていたより」、

なんて思うことのほうが世の中は多いんです。

 

 

・迷うくらいなら本当に行動すべき

 

悩んだり迷ってしまってなにもできない時間は、

本当にもったいないと筆者は思います。

 

筆者にも「なにもしたくない」時間はありますよ。

でも、毎日やるべきことは常にあります。

 

悩んだり迷ってしまう時間は必要でもあるけど、

あえて考えなかったり違うことをしたりしています

 

特に掃除したりなにかを綺麗にすることで、

切り替えや気分転換になるんですよね。

 

その切り替えや気分転換は人それぞれですけど、

なにか行動することには共通しているでしょう。

 

 

・「無駄」や「後悔」は貴重な経験値

 

あとで自分が感じるものでしょう。

それって悪いことですかね?

 

無駄」なりにも「後悔」するなにりも、

行動はしていた証ですよ。

 

仮に感じたからといって命まで失うものでしょうか?

 

人から馬鹿にされたり、

プライドに傷がつく程度のことじゃないでしょうか?

 

その程度で経験値が増えるなら筆者は喜んで受けますね。

 

筆者の中では「無駄」や「後悔」はネガティブなワードじゃないし、

むしろ次に活かせる必要な経験だと思っていますからね。

 

この関連記事もよく読まれています

➡不平不満が多い人は自ら不運を引き寄せてしまっている

➡継続することの大切さを理解することで成功につながる

➡先に与える人になれるかで人生が大きく変わっていく理由とは?

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文