負け組といわれる生き方とは。

    

よく人生では、「勝ち組」や「負け組」で比較されることがありますね。

その比較対象は仕事であったり、環境であったり、資産だったりしますね。

 

誰でも「負け組」の人生よりは、「勝ち組」の人生を送りたいものです。

 

そもそも「負け組」ってどんなものなんでしょうか?

負け組といわれる生き方とは?

 

今回は「負け組」の生き方についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

負け組ってなに?

 

最近よく「負け組」ってよく聞くことがありますね。

そもそもなにを持って「負け組」と定義しているんでしょうか?

 

よくよく調べてみてざっくり言うと、

年収や資産が少ない人を指しています

 

それに追加して、

過酷な労働や安定していない職業に就いている人も指しています

 

一般的には、

将来的に裕福になる可能性が少ない人を、

「負け組」と定義しているようです

 

世の中はお金」というのは、間違ってはいないことですけどね。

 

 

はっきり言って、大きなお世話ですよね

 

年収が低かろうが質素な生活をしていようが、

その人が幸せだと感じていれば「負け組」ではないでしょう。

 

そもそも誰が判断しているんだ?って話ですよ

 

人間はとにかくなんでも比較したがるので、

負け組」という定義を作り出して、「勝ち組」を際立たせています。

 

勝ち組の人が負け組の人へ線引きしているだけでしょう

 

自分より下の立場や環境にいる人がいると、優越感に浸れるからですね

 

競争社会が人の人生にも大きく反映している現実ですね。

格差社会」なんてのもよく聞きますからね。

 

 

誰だって負け組にはなりたくない

 

そりゃ誰だって、

負け組」よりは「勝ち組」の人生が良いに決まってます。

 

勝つか負けるかだったら、当然「勝つ」ほうが良いですよね。

 

「勝ち」がすべてはないけれども、

勝てば官軍、負ければ賊軍」ってヤツです。

 

そうやって小さいときから、

教育もされてきたように記憶しています。

 

 

ただ、すべての人が「勝ち組」の人生になれるんでしょうか?

凄く難しいですよね、実際には。

例えば仕事でも、個人差で能力にもずいぶん差がありますからね。

 

 

負け組があって、勝ち組が存在しています

 

個人の資産や将来的な可能性で「負け組」を定義するなら、です。

多くの人は自分の将来には不安を感じている人がほとんどですね。

 

みんなが「勝ち組」だったら、「負け組」は存在しないですよね。

実際には難しい問題ですけどね。

 

 

「勝ち組」と呼ばれる人は優越感を求めている

 

負け組」と呼ばれる人たちとの差に優越感を感じているんですよね。

 

もともと「勝ち組」と呼ばれる人たちが、

勝ち組」「負け組」というワードを作っています。

 

要は差別化することで、

人より良い生活をしていることをアピールしたいんですね。

 

スポンサーリンク

 

負け組の生き方とは

 

社会やメディアもよく「負け組」というワードで情報を流していますね。

 

多くの人は、自分も負け組なのか・・・?」、

なんて感じになっていきます。

 

不安を煽られていきますよね

 

負け組」の生き方とはどんなものなんでしょうか?

 

「負け組」という人生が、

あたかも悪い人生のようになっています

 

誰だって「負けるよりは勝つほうが良い」し、

負け組」なんて望んでないわけです。

 

ただ、誰もが「勝ち組」になれないのが世の中の現実ですね。

なりたくてもなれない人のほうがが実際に多いんです。

 

買いたいものや欲しいものは、

できるだけ我慢しなくちゃいけないし。

 

自分の収入に合わせた生活をしているだけですよね。

 

多くの人は「身の丈に合った生活」で我慢して、

それがずっと続くと、

不満やストレスで疲れてしまうこともありますね。

 

 

「負け組」は、

生きる価値がないようなイメージさえ植え付けられています

 

どの世界でも優秀な人とそうでない人は存在してますよね。

 

どんなに頑張ってもなかなか結果が出ない人っているんですよ。

たまたまその仕事が合わないことだってありますからね。

 

そんな人たちを「負け組」として定義して、

生きる希望さえ奪おうともしています

 

ある意味、「洗脳」ですね。

 

 

自分は負け組かもしれない・・・?」というような不安から、

仕事でなかなか結果が出せずに、

あきめてしまう人も少なくありません。

 

そうなってしまうと、本当に「負け組」になってしまいます

 

 

自分の現状を判断してそれを受け入れることが大切です

 

今は負け組だろうけど、いつか必ず・・・!」という気持ちが大事です。

 

自分の現状は自覚しつつも、

これから良くなる可能性を探していくことが大切です。

 

自分で思わなければ、

他人がどう思うが「負け組」じゃありませんから。

 

 

関連する記事をまとめています。

「リア充」が嫌われる理由や心理とは?アピールと自慢のFacebook

人の幸せがムカつくときに感じることには意味がある

幸せとはなにか?お金が全てじゃないと言えるのはお金持ちだけ

 

 

負け組といわれる生き方のまとめ

 

人から「負け組」と思われていようが、

自分であきらめさえしなければ「勝ち組」ですよ。

 

自分の人生なので、

価値も自分で決めるのが当たり前です

 

世の中はお金や安定を重要視しますが、

人によっては違うものを重視することだってありますね。

 

 

筆者も失敗だらけで他人から見れば、

「負け組」でしょうね

 

ただ、良い歳ですけどあきらめてはいません。

あきらめが悪いのか、その辺については前向きです。

 

 

負け組といわれる生き方にもプライドは持っている

 

大体なんで「負け組」というレッテルを貼られたら、

世の中に遠慮して生きていかなくちゃいけないのでしょうか?

 

堂々としていれば良いわけですよね。

「負け組」だろうけど、今日まで無事に生きてもこれてますからね。

 

 

やるだけやってみて、ダメならまた次の方法を考えれば良いだけです。

あきらめさえしなければ、必ずチャンスは来るし立ち上がれますから。

 

何度も立ち上がる勇気がなによりも大事ですね

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文