北海道室蘭女子高生失踪事件は現在も未解決。真相の行方は?

    

2001年3月6日の午後13時過ぎ頃、

北海道室蘭市に住む女子高生の千田麻未(ちだあさみ)さん当時16歳が、

アルバイト先のパン屋へ向かう途中に行方がわからなくなった。

 

メディアで情報提供を呼びかけるなど、

公開捜査を行うのも未だに未解決事件となっている。

 

一体どこへ消えてしまったのか?

 

また、数々の疑問点も多く残されている。

改めて真相の行方についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

千田麻未さんの失踪前の状況

・ファンクラブができるほどの人気者だった

室蘭道立栄高校」という新学校でも特に有名な高校に入学しており、

成績は優秀で常にトップクラスに入るほどの秀才であった。

 

千田麻未さんは「美人女子高生」として、

男子生徒からファンクラブができるほどの人気者だった。

 

当時付き合っていた同級生の彼氏も存在していて、

彼が千田麻未さんと携帯電話で最後の会話をすることになった

 

・パン屋でアルバイトをしていた

室蘭市白鳥台にある自宅で両親と弟の4人で暮らしていて、

自宅近くにある大型スーパーにあったパン屋でアルバイトをしていた。

 

失踪する当日はスーパーにあったパン屋ではなく、

室蘭市の繁華街にある「パン屋の本店」へ向かっていた

 

美人」で「成績優秀」な女子高生の失踪事件として、

当時はあらゆるメディアから取り上げられていた。

 

自らの意思で家出や失踪するような理由が全く浮かんで来なかった

 

スポンサーリンク

 

失踪事件発生までの千田さんの足取り

・3月6日はパン屋の本店へ向かっていた

3月6日は公立高校の入学試験日のため、

平日ではあったが千田麻未さんの高校も休日になっていた。

 

この日はパン屋の本店で、

コーヒーの煎れ方の講習を受ける予定だった

 

正午過ぎに千田さん本人からパン屋本店へ電話があり、

午後1時過ぎに行きます。オーナーはいますか?

という連絡を従業員が受けている。

 

その後、自宅から約7キロほど離れたパン屋本店まで、

バスを利用して向かっている。

 

通学にもバスを利用していて、定期券を持っていた

 

自宅から近くのコンビニに立ち寄ってから、

12時25分発のバスに乗っていたという友人の目撃情報もあった

 

この時に千田さんは友人へ後部座席から手を振って挨拶している。

 

・午後1時過ぎに3つ先の停留所で下車している

連絡した時間が迫っているにも関わらず、

千田さんはパン屋本店を通り過ぎ、3つ先の停留所で下車している

 

 

それから繁華街にある「室蘭サティ」の化粧品売り場で、

防犯カメラに映っている千田さんの姿が記録されている。

 

特に買い物をするわけでもなく、

時間を潰すかのように店内を歩き回っていた。

 

午後1時04分から午後1時26分に、

二度に渡って店内を歩いている姿が残さていた。

 

なぜか一部の防犯カメラを意識して見つめていた、

という証言もあった

 

午後1時30分ごろ、店を出でバス停方面に向かっている

 

このときバス停付近で、高校の同級生2人とすれ違っていて、

どこに行くの?」と千田さんが話しかけてきたという。

 

これが千田さんの最後の目撃情報となってしまう

 

・彼氏との通話で千田さんの現在地が判明

午後1時42分に当時付き合っていた彼氏が、

千田さんのPHS電話へ連絡している。

 

もう下(した)に着いた。」と千田さんは言っていた。

「下」とは地元では繁華街周辺を表す呼び名であった。

 

もう、繁華街に着いた」という内容だと思われる。

このとき彼氏は通話先から雑踏のような雑音を聞いている

 

ちなみに、千田さんが住んでいた白鳥団地方面は、

高台にあるため「山(やま)」と呼んでいる。

 

このとき千田さんは、パン屋本店付近にたどり着いたとも思われる。

PHSの交信記録とアンテナの中継地点がパン屋本店付近と判明している

 

ただ、パン屋本店付近に居たにも関わらず、

店員や従業員は誰も千田さんを目撃していない

 

・再度電話した会話が最後に

午後1時46分に彼氏は再度千田さんに電話している

 

今話せないから、あとでかけ直すね。」

千田さんはそう言って数秒で電話を切ったという。

 

これが最後の会話になってしまった

ここから千田さんの行方がわからなくなってしまう

 

そのとき彼氏は、

さっき通話したときに聞こえていた雑音のような音は聞こえず、

部屋のような空間で話している静けさを感じたという

 

この通話の時もPHSのアンテナの中継地点はパン屋本店付近だった

 

夕方以降に彼氏はまた千田さんへ電話するが、

すでに電源が入っていない状態で再度繋がることはなかった

 

この記事もよく読まれています

北海道 旭川 佐藤智弘くん 行方不明事件。目撃情報は多数ある?

死んだら楽になれる?大きな間違いと落とし穴の説
NHK受信料の裁判に疑問。職員の平均給料は約1100万円?
 

北海道室蘭女子高生失踪事件は現在も未解決

・パン屋のオーナーが講習する予定だった

コーヒーの煎れ方の講習は、

パン屋のオーナーが教える予定だった

 

オーナーの証言によると、

午後1時30分まで千田さんを待っていたが、来なかったので外出した。」

体調が良くなかったので自宅に戻って眠っていた。」

と説明している。

 

実際にオーナーは店を女性店員の2人に任せて、

店を後にしている。

 

その後自宅に戻り、

親がいる目の前でコタツで眠ってしまったようだ。

 

千田さんと会う約束をしていたオーナーに、

警察は疑惑を抱いていた

 

3日間にわたって事情聴取を受けたり、

行動を監視されたが千田さんの失踪に繋がるものは出なかった

 

ここから千田さんへの手がかりも消えてしまう

 

メディアや公開捜査で情報提供を呼びかけるものの、

事件解決には至っていない

 

・残された疑問点

  • 午後1時過ぎになぜパン屋へ行かなかったのか?
  • 化粧品売り場に行く必要があったのか?
  • 電話で話せない状況とはなんだったのか?
  • パン屋のオーナーに遅れることを連絡しなかったのか?
  • 室蘭サティからバスに乗っている目撃証言がない

 

千田さんは遅刻したり時間を守らない人ではない、

という証言が寄せられていた。

 

パン屋のオーナーも午後1時30分まで千田さんを待っていた点で、

指定した時間を間違えた可能性は低い。

 

なにか理由があってパン屋を通り過ぎ、

繁華街に向かったと思われる

 

一部の監視カメラを意識的に見ていたことも気になる

なにかを訴えかけていたのではないだろうか?

 

「今、話せないからあとでかけ直すね。」

それは誰かが側にいたからではないだろうか?

後に携帯の電源が切られているのは明らかに故意的である

 

時間的にかなり遅れているのに、

パン屋のオーナーと連絡しないものだろうか?

 

オーナーと全く接触していないことにも不自然さを感じる

 

室蘭サティからバスに乗っている千田さんの目撃情報がない。

パン屋本店まで約3キロ近くあり、歩いて行ったとは考えにくい。

 

定期券を持っていたことから使用履歴はあるはずなのだが

 

・ストーカーの被害にあっていた?

千田さんは失踪前に友人やパン屋の店員、

オーナーにもストーカーの被害にあっていることを打ち明けている

 

PHSにメールやいたずらの電話が来たり、

さらには自宅周辺でもつきまとわれていることがあったようだ。

 

そのこともあり、アルバイト先では早番勤務に就いていた

 

ファンクラブができるほどの美人で人気者だった千田さんだけに、

ストーカーに狙われてしまう可能性は高いといえるだろう。

 

ただ、千田さんに付きまとっていた人物の情報は上がっていない

 

真相の行方は?

・誰かに連れ去られたとしか考えられない

改めて振り返って整理してみても、

千田さん自身が自分の意志で家出や失踪したとは考えられない

 

PHSの電源を切っていること時点でも明らかである

他にも不可解な行動には今でも疑問が残ってしまう。

 

誰かに意図的に連れ去られてしまった

という見解を警察もしているわけである。

 

自分の意志での家出や失踪なら、

本人からなんらかの連絡があったりするものである。

特に多いのが無言電話などである。

 

千田さんのご家族は、事件について沈黙されているので、

実際は謎のままであるが。

 

ただ、一日も早く帰って来て欲しいのは当然の願いである

 

・風化させないために

千田さんがどこかで生活していると考えたら、

2018年の現在は31歳になっている

 

仕事も安定する時期だし、

結婚したり子供がいてもおかしくない年頃である。

想像するだけでもいろいろと込み上げて来てしまう。

 

事件や災害は月日が経つにつれ、人の記憶からは風化してしまう

 

風化させないためにどうするか?

永遠のテーマだといえるだろう。

 

一日も早い解決を心から祈っております。

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

powered by Google

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文