燃費向上約20%。愛車の燃費を上げる運転方法とは?夏と冬でも差も。

    

普段、車を利用していると気になるのは「燃費」ですよね?

燃費が悪いとガソリン代もバカになりませんね。

 

運転方法によって燃費は約20%向上が可能です。

どんな乗り方をしたら燃費をあげることができるんでしょうか?

 

また、夏場と冬で燃費はどっちが良いのでしょうか?

今回は愛車の燃費をあげる運転方法をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

車がガソリンを多く消費するときは

 

最近は燃費性能の良い車やハイブリット車もたくさん普及していて、

ガソリンや燃費に対するユーザーの意識が高くなっています

 

車の性能や運転の仕方によって燃費が良くなったり、

悪くなったりします。

 

 

車はアクセルを踏み込んだときに、ガソリンを多く消費します。

 

アクセルの操作で燃費が上がったり、下がったりするということです。

 

発進から加速、追い越し、

上りの坂道などはアクセルをやや強めに踏むかと思います。

 

ざっくり言うと「急発進」「急加速」しなければ、

無駄なガソリンの消費はおさえられるということです。

 

 

アクセルを一定に踏み込んでいる状態が、

ガソリンの消費がもっとも少ないともいえます。

 

一定の速度で走行することがもっとも燃費効率が良いということです。

 

 

運転方法を見直すだけで燃費は上がる

 

普段の運転を見直すだけで、愛車の燃費を上げることができます。

 

ガソリンの消費は車の性能も関係はありますが、

ドライバーの運転の方法が大きく関係しています。

 

 

運転の方法を変えるだけで20%以上の燃費向上も可能です。

 

 

愛車の燃費と環境に優しい運転方法を知ることで、

お財布にもやさしくなるし、さらに運転も楽しくなりますよ。

 

愛種の燃費を上げる運転方法を紹介していきます。

 

 

やさしいアクセル操作をする

アクセルはやさしく踏んでくださいね。

 

アクセル操作は燃費に大きく関係しています。

 

発進するときは特にやさしくアクセルを踏むと燃費向上につながります。

信号待ちなど特に意識して運転すると良いですね。

 

 

急加速」「急発進」はガソリンの消費がとても激しく

事故や車の故障ににもつながります。

 

普段からやさしいアクセル操作を意識して運転してみてください。

 

 

この記事もよく読まれています

ガソリン車はなくなる?将来は廃止。各国の計画や電気自動車の普及と問題点

洗車機でキズがつく原因は?タクシーが利用している所が良い理由

 

スポンサーリンク

 

アイドリングを控える

 

長時間のアイドリングは燃費効率を下げてしまいます

 

ガソリンの消費は少ないものの、

燃費効率に大きく関係しています。

 

結果的に長時間のアイドリングで燃費も悪くさせてしまいます。

 

愛車を長時間に停車させるならエンジンは切っておきましょう。

 

環境にもやさしい運転が燃費向上にもつながります

 

 

渋滞を避けて十分な車間距離をあける

渋滞にハマるとアイドリングの時間が長くなり、

加速と減速を繰り返してしまいます。

 

加速と減速の繰り返しによるガソリンの消費で、

燃費効率を下げてしまいます

 

できるだけ渋滞を避けるようなルートの選択や時間帯を心がけましょう

 

 

また、車間距離をしっかりあけることも燃費向上には重要です

 

渋滞のときと同じで、

車間距離が狭いと必然的に加速と減速を繰り返してしまいますね。

 

一定の速度を保てないため燃費が低下します

 

渋滞中は特に車間距離が狭くなり、

燃費だけでなく事故の原因にもなります

 

普段から意識して余裕のある車間距離を保っておくことが大切です。

 

 

近場の愛車の使用を控える

 

 

エンジンが冷たい状態で,

発進や停車を繰り返すと燃費効率を下げてしまいます。

 

エンジンの入り切りの回数が多いことも燃費効率低下の原因にもなります。

 

近所のコンビニやスーパーなどの買い物には、

愛車の使用をできるだけ控えることも大事ですね。

 

愛車の使用を控えることが最大の燃費向上とも言えますね。

 

エコ」を意識して愛車を使用することもとても大切です。

 

 

エンジンブレーキを活用する

 

減速するときや長い下り坂ではブレーキペダルを踏むより、

エンジンブレーキの活用が燃費向上には適しています。

 

普段から意識してエンジンブレーキを使用することで、

燃費はかなり向上します。

 

エンジンブレーキはマニュアル車だけでなく、

オートマ車にも必ず付いています

 

特に高速道路では、エンジンブレーキをよく使用されていますね

 

 

最近の車の多くは、エンジンブレーキの使用中には、

燃料の供給が停止される機能が付いているものがあります。

 

 

タイヤの空気圧をチェックする

 

タイヤの空気は時間や時期と共に自然に減ってきます

空気が少ないと地面との摩擦が大きくなります。

 

摩擦が大きいと愛車にも負荷がかかってしまい、

燃費は低下してしまいます

 

タイヤの空気圧をこまめにチェックして、

空気が減っていないか確認しましょう

 

空気が減っていれば空気を補充して摩擦による負荷を軽減します。

 

タイヤの空気圧による燃費向上の差はかなり大きいです

 

 

タイヤは愛車を支える重要なものなので、空気圧のチェックは大切ですね。

 

 

この関連記事もよく読まれています

タイヤの寿命は走行距離と年数、ひび割れで判断しよう

タクシーはなぜクラウンが多いのか?長い間愛されている理由とは

 

スポンサーリンク

 

車内の荷物を管理する

 

愛車に荷物が多いとそれだけ負荷がかかります。

人数も多ければそれだけの負荷がかかりまね。

 

負荷がかかればガソリンは必然的に消費してしまいます

 

余計な荷物を愛車に載せておかないことが燃費向上につながります

 

わりといろんな物を積んだり載せてる人って多いです

 

一度よく確認して車内の荷物を管理しましょう。

意外と必要のないものを載せていることが多いですよ。

 

 

燃費向上に定期的なメンテンナンスは前提です。

 

愛車の性能をフルに発揮するには、定期的なメンテナンスは欠かせません。

オイルやエアーフィルターは燃費に大きく影響します。

 

 

人間の体で例えると、オイルは車の「血液」にあたり、

エアーフィルターは「」になります。

 

血液がドロドロで汚れていると、本来の機能を発揮できませんよね。

新鮮な空気を取り込めないと十分な稼働ができません

 

 

オイルもエアーフィルターも消耗品なので汚れたり、

劣化していくので定期的な交換が必要です。

 

特にオイル交換やエアーフィルターの交換は、

燃費向上には欠かせません

 

 

車をいじるのが好きな人は自分で交換したりできますが、

ほとんどの人はディラーや、

ガソリンスタンドで交換してもらうことがほとんどでしょう。

 

前回いつ交換したか? 

などの交換時期についての目安は覚えておきましょう。

 

 

交換頻度はそれぞれの車や走行状況でも異なりますが、

最低でも年一回は交換しておきたいものですね

 

 

定期的なメンテンナスをしておくことが、

愛車の寿命を延ばすことにもなります。

 

 

燃費は夏と冬で差もある

 

夏場と冬場でも燃費は変わってくるし、差もあります

 

どちらのほうが燃費効率は良いのでしょうか?

 

 

冬場のほうが20%ほど燃費が低下します

 

冬場はエンジンが冷えている時間が長いので、

愛車の性能をフルに発揮できないからです

 

通常は冷却水が温まるくらいの温度でエンジンの出力は最大になります。

この温度になるまで時間が冬場はかかってしまい、

燃費効率の悪い状態で走行してしまうためです。

 

また、空気の密度も冬場のほうが多く酸素が多いために、

ガソリンを多く消費してしまうためです。

 

エンジンの効率が悪い状態でガソリンも消費してしまうということです

 

 

エンジンが温まってきた」という表現は、燃費を左右する意味でもあります。

燃費は暑いときより寒いほうが低下するということなりますね。

 

冬場はエンジンを温めてから、

車を運転すると燃費を少し上げることができます

 

暖気運転」というものですが、

早朝や深夜は車のエンジン音が近所迷惑にならないように気をつけてください

 

 

この記事もよく読まれています

車選びの一番のポイントや基準とは?彼氏彼女選びと同じ説

雨の日の洗車は良い理由とは

ドライブレコーダーとは?駐車監視の性能もあります

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

 

車の新しい乗り換え方があります

クルマ乗り換え放題!NOREL (ノレル)

 

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文