不安との戦い方を知ることで、人生は大きく変化していく。

    

不安を感じていない人なんていません。

誰でもなにかしらの不安を抱えて生活しています

老若男女問わずですね。

 

ただ、不安の向き合い方や戦い方を知っているか、

知らないかだけで人生は大きく変化していきます

 

人として差ができてしまうときは、

辛いときや孤独なとき、不安なときだからです。

 

今回は誰でもできる「不安との戦い方」について、

まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

不安とは何者?

不安は人間の本能

不安は人間の本能そのものであること
 
 
不安を感じない人はいないし、誰でも感じているものです。
 
さらには、人間にとって必要であるからこそ、感じるものでもあります。
 
 
誰もが不安を感じるために、なんとか克服しようといろいろと考えたり、
 
行動したりしていますね。
 
 
不安はネガティブなイメージが強いものですが、
 
実際は自分自身を見つめ直す時間だったり、
 
タイミングともいえます
 

現実の自分と理想の自分との差

現実の自分と理想の自分との差が不安となって現れている
 
 
ああなりたい、こうなりたいという理想の自分への葛藤です。
 
誰でも理想の自分をというものを持っていますね。
 
 
その差が大きいほど、より強い不安となって現れています。
 
不安を感じるのが強い人と少ない人との差はそこにあります。
 
 
常に目標を持って自分を磨いてる人ほど、不安を恐れていません
 
逆になにもしていない、なにもできていない人ほど不安を恐れるものです

 

苦しい時間のほうが人は成長する

人は楽しい時間より苦しい時間のことを強く記憶している
 
 
少しざっと思い返してみて下さい。
 
幼い頃から楽しい時間よりも叱られたり、
 
辛かった時間のほうが意外に覚えていませんか?
 
 
それは「こんな思いはもうしたくない」という人間の本能です。
 
これからの人生をより良くしようとする本能です。
 
 
ピンチはチャンス」なんてよく言われますが、
 
実際に辛い経験や苦い思い出から、自分自身を成長させているわけです
 
 
不安をピンチと捉えるなら、それは成長するべきタイミングです
 
 
スポンサーリンク

 
 

不安との戦い方を知ることで

行動あるのみ

不安をかき消す、減らしていくには行動あるのみ
 
 
抱えている不安に対してまず冷静に分析して、
 
いかに改善するべきか考えることがとても大切です。
 
 
改善するために自分がなにをするべきか、なにが必要なのか、
 
自分なりの戦略を立てていく必要があります
 
 
計画や戦略がある程度整ったら、あとは行動していくだけです。
 
人は行動することで集中するので、不安や孤独を減らしています
 
 
不安という自分を見つめ直すタイミングで、
 
いかに行動していくか、が不安との戦い方の基本です。

 

できることからまずやる

何事も考えすぎは良い結果を生まない
 
 
強い不安や孤独に支配されてしまうと、
 
なかなか前向きな思考や行動が起こせなくなるものですね。
 
 
そんなときは、今の自分がまずできることだけやってください。
 
  • 改善すべき対策案をまず考えてみる
  • あえて今日は考えない
  • まずは自分を休ませる
  • 誰かに相談してみる

 

冷静に落ち着いて考えられないときは、

無理矢理に考えたり行動するのは逆効果です

 

あえて気分転換をしてみたり、

自分をリラックスさせるほうが大切です。

 

自然に笑顔になれる時間を作ること

耐え忍ぶことが人生のすべてではない

 

自然と笑顔になれる時間を作っていますか?

趣味でも遊ぶことでもなんでも構いません。

 

筆者は40代の中高年ですが、

特に「努力」や「根性」を強く叩き込まれてきた世代です。

 

精神論」で耐えることが美徳のように教育されてきました。

誰かの犠牲になることが美しい、というような。

 

でも、それは犠牲になってもらわないと困る人達が居るだけで、

当の本人には雀の涙ほどの見返りしかありませんよ

 

まず、自分が幸せを感じたり、笑顔になれる時間がなければ、

誰かを幸せにしたり笑顔にすることはできない

ということです。

 

この記事もよく読まれています

「何もしたくない時」に誰でもできる対処法とは?

孤独に強くなる方法は「必要な時間」と理解できるかだけ

自分が幸せでないと大切な人を幸せにすることはできない

 

人生は大きく変化していく

全ては自分次第

自分に勝つことが人生最大の目標である

 

不安や孤独というものは、今の自分から生まれてきたものです。

どう向き合うか、どう戦うかは全て自分次第というこどです。

 

現代は常に競争社会で誰かと比べられていて、

誰しもストレスを溜めこまない人はいないでしょう

 

ただ、誰かに負けてしまうときはあったとしても、

最後には自分自身に負けないことが人生で一番大事です

 

自分さえ見失わなければ、何度でもやり直せるし、

何度でも復活できますからね。

 

まず、自分自身を幸せにする方法をしっかり摸索してください。

 

逃げても良い、辞めても良い

耐えて我慢し続けることが最良の選択なのか?

 

本当にそうなのか、辛い時間を過ごしているときこそ、

真剣に見つめ直してほしいですね。

 

あなたにとって学校や会社が不安の最大の理由なら、

休んだり辞めることが最良の選択かもしれません

 

自殺するために、

過労死するために生まれてきたわけじゃありませんよね?

 

長い人生、

時には逃げることや辞めることが必要なときが絶対ありますよ。

 

それは決して恥じることではありません。

今の自分に必要な選択をしただけです。

 

誰もがみんな幸せになるために生まれてきています

 

それだけはいつも絶対に忘れないで下さい。

 

何もできない時間のほうが怖い

苦しいときは必要だから苦しんでいる
 
 
夏が暑いように、冬が寒いようにです。
 
自然に不安や孤独とは付き合っていく必要があります。
 
 
一番怖いことは、ただただ不安や孤独に支配されてしまって、
 
なにも考えることができず、なにも行動できない時間です
 
 
大抵の人は苦しい時間のなかでも、
 
悩んだりいろいろい考え抜いて自分を守ろうとしています。
 
ただ、幼い子供や衰えた高齢者は誰かしらの力が特に必要です
 
 
そのタイミングを気づける人になりたいし、
 
多くの人がそうであってほしいとも筆者は強く思います。
 
 
なにもできない理由だけ作るのだけが上手くて、
 
なにもしていない自分が本当に一番怖いことですからね
 
 

不安との戦い方のまとめ

自分に負けないこと

自分自身に負けさえしなければなんとかなる

 

自分自身に勝てとは言いいません。

世の中は強い人ばかりではないですからね。

 

自分自身に負けない程度に戦って、

常に五分五分の状態に持っていければ上々です。

人は誰でも弱い部分もあるし、強い部分もありますよね。

 

負けさえしなければ良いってことです

勝つことにこだわる必要もないですから。

 

勝つことにこだわってしまうと、本来の目的を見失います

 

あなたの幸せはなんですか?

人によって幸せは違います。

ただ、共通していることがあります。

 

それは自然に笑顔になれる時間です

 

ぜひ、意識して笑顔になれる時間を作ってください。

 

最大の味方は自分

最大の敵であり、最大の味方は自分自身
 
 
弱い自分がいたり強い自分がいたりします。
 
また、悪い自分がいたり良い自分がいますね。
 
 
不安や孤独な時間のときほど、極端に自分が出てきます。
 
調子の良いときは、なにも考えなくて良い方向に進んでいきます。
 
調子の悪いときにどう修正するか、が人生の永遠のテーマです
 
 
スランプや挫折のない人生なんてありません
 
 
その必然ともいえるタイミングにどうするべきか、
 
どう対応してきたか、で人生は大きく変化しています。
 
 
本当に辛いときは人間は一人です
 
また、真の辛さを感じられるのは自分自身でしかありません。
 
いかに自分自身を癒せられるか、です。
 
 
この関連記事もよく読まれています
 
生きる意味がわからないときに見つめ直してほしいこと。
 
「成功して当たり前!」そのマインドが引き寄せるものとは?
 
因果応報は本当にあるのかないのか?自業自得との関係とは?
 
 
少しでも参考になれたら嬉しく思います。
 
ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連コンテンツ

powered by Google

 

コンタクトフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

      PAGE TOP