孤独に強くなる方法は「必要な時間」と理解できるかだけ

    

孤独」というものは、

誰でも共通している悩みの永遠のテーマですね。

 

時には不安になったり、

恐怖を覚えることもありますね。

 

ただ、「孤独」を感じている時間は、

自分にとって「必要な時間」でもあります。

 

今回は「孤独に強くなる方法」について、

筆者なりにまとめています。

 

スポンサーリンク

 

「孤独」は誰でも感じている

 

・「孤独」は誰でも感じているもの

 

老若男女問わず誰でも感じている

ということです。

 

特に子供は成長過程で人生に大きく影響しているし、

大人でも「孤独死」と呼ばれる悲しい現実があります

 

万人に共通している悩みであるのは事実ですね。

 

生きている限りはずっと続いていく、

永遠のテーマ」でもあるからです。

 

 

・人とのつながりを感じられないとき感じる

 

学校や職場、仲間や付き合いなど、

いろんなコミュニティの場で、

人とのつながりを感じられないとき「孤独」を感じます

 

自分との共通点や似たような感覚の人がいなかったり、

誰かに共感を得られなかったときにも感じています

 

誰かに認められたい

という意識も誰にでもあり、

その願望が欲求として「孤独」として現れてきます。

 

 

・「孤独」というワードに良いイメージがない

 

「孤独」と聞くと、

実際にどんなイメージがありますか?

 

世間的にも社会的にも良いイメージがないのは、

現実としてありますね。

 

独りでいる、独りで生活している

ということにあまり良いイメージを与えていません

 

人は一人では生きられない」、

という一度は聞いたことがあるワードが、

大きく影響しています。

 

 

・「孤独」を消すことに必死になったりする

 

良いイメージがないことや、

ときには不安や恐怖すら感じることがあります。

 

そのために「孤独」を消そうと必死になったり、

独りでいることに罪悪感を感じたりしています

 

本当にそれが正しいことなのでしょうか?

 

 

「孤独」といかにどう向き合っていくか

のほうが重要だと筆者は常に感じています。

 

 

孤独に強くなる方法とは?

 

・孤独は「悪いことではない」という認識を持つ

 

誰でも感じていることであり、

子供であろが大人であろうが関係なく、

背負っているものなんですよね。

 

生きていくうえで必要であるから、

誰もが感じているわけです

 

良いイメージがない「孤独」ですが、

感じることは決して悪いことではない

ということをまず理解してくださいね。

 

 

・人に頼ることを前提としないこと

 

誰かに頼ることを当たり前と考えている人って、

意外に多いです。

 

そういう人は、独りでいることに耐えられないし、

独りで生活すること自体を考えられない人です

 

要は誰かに依存したり頼ることを前提として、

生きている人です。

 

いざ頼る人がいなくなってしまったとき、

「孤独」という闇に飲み込まれてしまいます

 

 

・「精神的自立」の確立

 

人に頼ることばかり考えずに、

自分で解決していく「精神的自立」がとても大切です。

 

本当に困ったときというのは、

人間は独りであることが基本ですからね

 

基本的に自分でなんでも対応していくスキルは、

当然と必要になります

 

 

・「経済的自立」の確立

 

生きていくうえで「お金」は欠かせません。

 

なにをするにも「お金」はかかってきますね。

世の中はお金」と言っても間違いではありません。

 

経済的自立」するにはまず、

生活できる収入を確保していかなければなりませんね

 

それこそ誰かに頼らずに収入を得ていくことが必要です

 

 

・一人暮らしを経験しているか?

 

これってかなりの重要なパラメーターです。

 

精神的自立」と「経済的自立」を目指すうえで、

一人暮らしの経験は大切です。

 

両方を兼ね備えてないと実行できないし、

生活が成り立たないからです

 

実際に一人暮らしの孤独が耐えられなかったり、

金銭的に耐えられなかったりする人は多いです

 

 

どんなことでもいかに継続できるか

が大きな差を生んでいきます。

 

 

この記事もよく読まれています

結果は後から必ずついてくる。良いことも悪いことでも

迷うくらいなら行動する。できない理由から考えてないか?

「やるだけやってみる」だけで不安と焦りは減っていく

 

スポンサーリンク

 

「必要な時間」と理解できるかだけ

 

・生きていくうえで必要だから感じている

 

人には「生存本能」というものがあります。

誰かに認められたい、という欲求も関係しています。

 

自分の環境や生活を良くしたい、

という欲求からも「孤独」は生まれています。

 

なにかを実現していくために、

必要であるから「孤独」も感じているわけです

 

最初からいろんなものが満たされていると、

人は努力や進化をしようとはしません

 

「孤独」というものにどう向き合っていくか、

考えたり感じることが必要なことである

ということです。

 

 

・「必要な時間」であることを理解する

 

「孤独」を感じたときに、

どう向き合うかどう受け止めるか

でその人の人生は大きく変化していきます。

 

苦しさから逃れようとするのか、

物や人で紛らわすのか、

受け入れて向き合うのか

 

人それぞれにはなるでしょうね。

 

でも、逃げても逃げても付きまとうし、

なにかで誤魔化してもあとから必ず付いてきます

 

結局のところ、「受けいれる」しかないのです

 

必要な時間」と受け入れて理解して、

孤独」と向き合うのが最善策といえるでしょう。

 

 

・無理に克服する必要はない

 

孤独」について良くないイメージだったり、

ときには「罪悪感」を感じることもありますね。

 

ですが、

無理に焦って克服しようと思わないことです

 

不安や恐怖から逃れたい一心で

なにかしなくちゃいけない

みたいになりがちです。

 

その結果、冷静な判断や行動ができずに、

ますます最悪な事態を招いてしまうこともありますからね

 

孤独」という弱い自分自身をまず受け入れて、

それは自分にとって「必要な時間」なことだと、

理解してくださいね。

 

 

孤独に強くなる方法のまとめ

 

・要は「受け止めるか」「受け入れないか」だけ

 

ざっくり言ってしまうと、

それに尽きるしそこに大きな差があります。

 

人は目に見えないものに不安や恐怖を感じるものです

 

特に解決しにくい内面的なものに強く感じています

メンタルな悩みは尽きることがないのと同じです。

 

弱い自分を認めたくなかったり、

受け入れられなかったりもしますね

 

でも、それこそ必要のない見栄やプライドであるし、

自らを苦しめる「足かせ」以外ではありませんよ

 

 

・「孤独」に苦しんだ人ほど強くなれる

 

どんなことでも「どん底」を経験した人は、

当然強くなっていきますね。

 

孤独」についても同様です。

辛い時間を過ごした人ほど心は強くなれます

 

また、不思議と人にも優しくなれるでしょう。

自分の同じような辛い経験を大切な人にはさせたくない

と思う気持ちが根底にあるからです。

 

それだけでも十分に「必要な時間」である、

であったと受け入れられるときが必ず来ますよ。

 

 

・人に依存しない生き方はある

 

誰かと一緒じゃないと生きられない

なんて平然と言っている人がいますね。

 

その誰かがいざいなくなったとき、

実際どうするつもりなんでしょうか?

 

誰かに頼ろうとするのも本能ですが、

人に依存するのは限界が当然あります

 

頼れるうちは良いと思いますが、

いずれは「頼られる存在」になっていくものですよね。

 

人に常に依存してしまう人は、

「精神的自立」ができていない人です

 

弱い自分を受け入れてはいますが、

自分を変えようとか進化しようとは思わない人ですね

 

 

精神的自立」「経済的自立」ができて、

はじめて「独り立ち」や「一人前」だと言えるでしょう。

 

 

この関連記事もよく読まれています

「現実を見ろ」というのは、「諦める」ことではない

競争社会から降りることで、本当の自分が見えてくる

不平不満が多い人は自ら不運を引き寄せてしまっている

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文