なぜ「孤独」は人を強くするのか? 悪ではないし、罪でもない。

    

孤独」は誰もが感じる共通した心の衝動です。

 

ただ「孤独」というワードを聞くと、

あまり良いイメージを持たれませんよね。

できれば避けて通りたいくらいの気持ちではないですか?

 

人として成長していくうえで、

孤独」といかに向き合うかで人生は大きく変化します。

人を強くするために必要な衝動でもあるのです。

 

なぜ「孤独」は人を強くするのか?

悪ではないし罪でもないことについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

「孤独」とは一体なに?

人との繋がりを感じられないときの衝動

孤独」とは一体なにものなのか?

 

どんなときに感じてしまうものなのか?

できれば避けて通りたいくらいの気持ちですよね?

 

「孤独」とは、

人との繋がりを感じられないときに起こる心の衝動です

 

なんとなく一人でいる時間が多かったり、

人と接する機会が少なくなっていくと「孤独」を感じます。

 

特に年齢や性別は関係なく、

子供から大人まで誰もが感じるものです。

 

「孤独」は「不安」へと連鎖していく

 

「孤独」を感じ続けていると、様々な心の葛藤へ連鎖していきます

 

そのひとつが「不安」です

 

頼れる物や人がいないと物凄く「不安」になりますよね?

 

不安」が募っていくと、

冷静な判断すらできなくなってしまうことがあります

よく言われる「不安に押し潰されてしまう」というものです。

 

 

また、「寂しさ」も連鎖していきます

 

どうにかして人や物に頼ろうとする心の葛藤です。

孤独」や「不安」を補完するためになにかに依存してしまったり

寂しさに耐えられない」なんてよく聞きますね。

 

このような「心の負の連鎖」が、

「孤独」というワードのイメージを良くないものにしています

 

スポンサーリンク

 

なぜ「孤独」は人を強くするのか?

「孤独」との向き合い方

「孤独」と無理に戦おうとすれば疲弊してしまう

 

できれば避けて通りたいのが「孤独」。

どうにかして逃れようと焦って行動したりしてしませんか?

 

心の葛藤ほど一朝一夕では解決できません

 

そもそも戦う必要があるのか?

 

孤独な人」だと思われたくないだけじゃありませんか?

小さい子供ならともかく、大人ほどそんな傾向が強いです。

 

「孤独」は戦うべき相手ではありません

 

「孤独」を感じたときにどう向き合うかで、その人の人生は大きく変化していきます

 

「孤独」は人を成長させている

「孤独」を感じたときほど自分を見つめ直せる

 

孤独」なときこそ本当の自分がわかってくるものです。

  • 意外に弱いなぁ
  • 意外に強いなぁ

 

なんて自分の中ので評価したり、意外な自分を発見できたりします。

普段はそんなことをしていないものです。

 

 

心の葛藤は足りないものを埋めようとする本能

 

足りないものを埋めるために人は思考して行動します。

どうすれば改善、向上できるのか、です。

 

「孤独」は人を成長させるうえで絶対必要なものなんです

 

「孤独」を感じたときにどうするか

「孤独」との向き合い方で人生は大きく変化する
 
  • 逃げるのか
  • 戦うのか
  • 受け入れるのか
  • あえて考えないのか

 

人によって様々な捉え方があると思います。

どんな選択をしてもその人の人生だし間違いではないです。

 

ただ、「孤独」と向き合い方でその人の人生が左右されるのは確かです

 

 

「成功者」と呼ばれる人ほど「孤独」を理解している

 

筆者は読書が趣味のひとつで色々な本を読んでいます。

特に「成功者」と呼ばれる人達の本のなかで、

共通しているのが「孤独との向き合い方」ですね。

 

新しいことや未知数の分野を始めようとすると、

必ず否定や批判が先にされてしまいます

 

そんな「孤独な時間」を受け入れて、

乗り越えてきた人が「成功者」になっている事実があります

必要な時間」でさえあったと共通して語っています。

 

あなたはどう思いますか?

 

この記事もよく読まれています

孤独に生きる覚悟ができる人とできない人。

最後まで諦めない心を持つ人が幸せになれる理由とは?

報われない努力はあっても無駄な努力はない、行動あるのみ。

 

孤独は悪ではないし、罪でもない

「負の連鎖」が詰め込まれている

 

「孤独」自体は悪ではない
 
 
「孤独」から連鎖していく「不安」や「寂しさ」など、
 
「負の連鎖」が全てが詰め込まれているからです
 
 
孤独」を感じること自体は決して悪ではないし、
 
もちろん罪でもありません。
 
 
むしろ人が成長していく過程が必要な時間です
 
 
 
 
ただ、怖いのが「負の連鎖」に陥ってしまうこと
 
 
孤独」から逃れたいがために「不安」や「寂しさ」を連鎖させて、
 
冷静さを欠いた焦った行動をとってしまうことです
 
 
人間の業」とも言うべきか、常に正しいことばかりできないし、
 
冷静でもいられない現実があります。
 
 
でも、焦ったり慌てて行動すれば結果は見えています
 
辛いときこそ冷静さを欠いてはいけません
 

「孤独」を受け入れるだけで良い

体裁や外面を意識するから辛くなる
 
 
自分が人からどう思われてるか?
 
毎日誰もが意識して生活していると思います。
 
 
でも、それが一番疲れる原因ですよね?
 
本当は「孤独な人」だと思われるのが嫌なだけなのでは?
 
自分に対しての小さな罪悪感だけです。
 
 
最近は「お一人様」なんてワードも出てきて、
 
ずいぶんとハードルは下がりつつありますが、
 
まだまだ「孤独」についての理解は低いのが現状ですね。
 
 
お一人様」を茶化したりするような人って、
 
孤独」を恐れている人達なんですよね
 
自分はそうなりたくないという心理の現れでしかありません
 
 
 
「孤独」を受け入れるだけで成長している証
 
 
自分を見つめ直していますか?
 
それって辛い状況のときにしかできません
 
体の具合が悪くなったときに健康の有難さが身に染みるように。
 
 
ふいに「孤独」を感じたときにどう受け入れるか、
 
どう感じるか、が大事なところです。
 
 
慌ててジタバタするのが賢明ではありませんね。
 
なにかを感じたときにどうすべきか、まず考えてみることです
 
 
「孤独」は恐れるものではありません
 

「孤独」を理解した人が本当に強い人

 

強い人は「孤独」を理解できている
 
 
どんな分野でも「成功者」と呼ばれる人達に共通していることは、
 
孤独」との向き合い方だと紹介しました。
 
 
彼らは「孤独」を必要な時間とさえ理解しています。
 
でも、それって庶民である誰もが筆者を含めてできることです。
 
成功者=特別 という認識だけではありません
 
 
誰でも始めは初心者であり「素人」です。
 
差が開いていくのは「行動力」と「メンタル」です。
 
 
 
「孤独」を理解していれば人に優しくなれる
 
 
自分が傷ついたときに人の傷みがわかるときと同じです。
 
孤独」を理解していれば人に優しくなれるの当然。
 
 
 
人に優しくすれば感謝されて好かれていく、
 
「正の連鎖」にもつながっていきます
 
「正の連鎖」は「負の連鎖」ほど浸透していません。
 
 
そんな「孤独」から繋がっていく事例はたくさんあります。
 
人は辛いときの経験のほうがより多く記憶には残されています
 
 
 
少しだけでも「孤独」についての認識は変わりましたか?
 
 
ここまで読んで下さった方は、イメージ的には変わったと思いますが。
 
どうでしょうか?
 
 
「お一人様」を茶化すような人は、「孤独」を恐れている人です
 
 
 
本当の「孤独」を知っている、理解している人が人生に於いて、
 
「本当に強い人」だと筆者は確信しています
 
この関連記事もよく読まれています
 
目標の立て方で人生は変化する。高く持つか?小さく持つか?
 
できることから少しずつやっていく。焦りが一番良くない。
 
「やるだけやってみる」だけで不安と焦りは減っていく
 
少しでも参考になれたら嬉しく思います。
 
ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。
 
 
スポンサーリンク
 
 
 
 
 

関連コンテンツ

powered by Google

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文