目標の立て方で人生は変化する。高く持つか?小さく持つか?

    

誰でもなにかしら「目標」というものを立てて、

人生を過ごしているかと思います。

 

勉強や仕事、生活また習慣など、

人によっていろいろですね。

 

その目標は高く設定していますか?

小さく設定していますか?

 

どちらであってもまず、

目標」に対して努力や行動することが大切であり、

達成するまでの月日が人生を大きく変化させます。

 

スポンサーリンク

 

目標の立て方で人生は変化する

 

・まずは目標を立ててみる

 

人生において「目標」は欠かすことができません。

 

勉強でも仕事でも、生活や習慣であっても、

自然に「目標」を持って行動しています。

 

・成績を上げたい

・仕事で成功したい

・ダイエットしたい

・環境を変えたい

 

ほんの一例ですが、

まだまだたくさんあると思います。

 

自分が一番望んでいることから、

目標」を見つけ立てていくのが自然な流れですね。

 

 

・目標を立てたら行動するのみ

 

目標」を立てることがまず「人生のスタート」です。

 

年齢や性別なんて特に関係ないですね

目標を立てて行動することが「真のスタート」です。

 

目標」が決まれば、

達成するために必要な行動をしていくのみです。

 

良くいわれる「努力」と「継続」です。

 

特に目標を立てた瞬間が、

やる気やモチベーションが一番高い時期でもあります

 

いかに継続して行動していくかで、

目標を達成できるか、が鍵となります。

 

 

・ひたすら行動して継続できれば目標は達成できる

 

文字にすると簡単そうですが、

実際に継続しつづけることはしんどいし、

多くの人が迷いや不安で脱落していきます

 

ただ、どんな分野の目標でも、

継続してコツコツ努力を積み上げた人たちが、

目標を達成したり成功しているのは共通しています

 

迷うくらいなら行動するべきだし、

行動することで迷いや不安を払拭できるのも事実です。

 

挫折や失敗なんて誰にでもあることです

 

失敗して当然」くらいの覚悟も必要ですね。

すぐに良い結果が出ることはごく稀でしょう。

 

コツコツと継続していくということは、

自分自身に負けない

ということでもあります。

 

誰でも自分は可愛いし、甘くもなりがちですよね

 

自分自身に負けない、

自分自身に打ち勝つことが目標達成や成功の鍵です

 

 

・目標の立て方で人生は変化していく

 

どんな人でも大きいものから、

小さいものまでなにかしら目標を持って生きています。

 

目標のない人生だったらどうでしょうか?

 

楽しみもやりがいもなく、

生きる意味についてすら疑問になってしまうでしょうね

 

誰でも幸せになるために生まれてきています

 

そのためには目標や将来設計は絶対に必要だし、

なにより人間として成長していくには欠かせないものです。

 

成長していくことで人生は変化していきます

 

目標は人として成長して行くための必要な「手段」、

といえばわかりやすいかもしれませんね。

 

目標を立てることで、

頭や体、心を鍛えられるようになり、

その成長が人生や未来さえ変化させることができます

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事もよく読まれています

最後まで諦めない心を持つ人が幸せになれる理由とは?

「やるだけやってみる」だけで不安と焦りは減っていく

迷うくらいなら行動する。できない理由から考えてないか?

 

 

目標は高く持つか?小さく持つか?

 

・ハイリスクハイリターンかローリスクローリターンか

 

目標が高ければ高いほど、

労力や時間も大きくかかってきます。

 

目標が小さいものであれば、

さほど労力や時間も費やすことなく達成できるかもしれません。

 

どちらを選ぶかは人それぞれです

 

労力や時間が大きくかかってしまう目標ほど、

迷いや不安、挫折するリスクは当然増していきます

 

やる気はモチベーションは、

目標を立てたときがピークで、

徐々に下がっていくものですからね

 

ただ、達成や成功したときに得られるものは、

その本人しか味わえない喜びや感動が待っています

 

小さな目標であっても、

しっかり達成することによって、

確実に自信が付いたり次のステップにも繋がりやすいです。

 

 

・小さな目標からステップアップしていく

 

筆者は小さな目標から達成して、

コツコツと自信や成長を積み上げていくことを、

おすすめしています。

 

小さな目標から、

だんだんと大きな目標へステップアップしていくことが、

継続して行動できる秘訣ですからね

 

どんな人でも労力や時間がかかってしまうと、

だんだんとやる気とモチベーションは減少します

 

行動したり継続していくことに苦痛を感じたり、

最悪の場合は諦めてしまいます

 

小さな目標から達成していき、

自分の成長を感じることができたら、

次は大きい目標へ行動していくことがベストです。

 

いきなり大きな目標を立ててしまうことで、

それが重荷になったり、

本来の目的を見失ってしまう原因にもなります

 

 

・焦りや迷うときには原点に戻る

 

目標を達成するまでは、

焦りや不安、迷いなどに苦しむときが必ずあります。

 

孤独な時間や辛い作業に耐えられなくなってしまいます

大半が自分という最大の敵に負けてしまいます

 

それが諦めてしまう最大の原因ですからね

 

そんなときこそ、

初心に帰り原点に戻りましょう。

 

・なぜこの目標を立てたのか?

・目標の先になにを見据えていたのか?

・最初に覚悟しなかったのか?

 

初心や原点に戻ってみることで、

気持ちに整理がついたり冷静さを取り戻せます。

 

焦りは迷いは誰にでもあります

 

ただ、そんな自分としっかり向き合って、

自分に負けない人が目標を達成しています

 

 

・目標を変えたり行動を変えるのも必要

 

目標に向かって行動を継続していくうちに、

目標自体が変わってくることがあります。

 

それは自然な流れでもあり、

今までの行動や努力で成長してきた証でもあります

 

時間の流れと共に、

人の意識も当然変化していくからです。

 

後から目標を見直したり、

変えることが必要になってくるときがあります。

 

 

また、目標のために行動してたことに、

別の方法があることに気がつくときもあります。

 

より効率の良い方法を探すのは、

目標を達成するうえでは必要な判断です

 

ただ、この二つの点で気をつけて欲しいのは、

単に楽な方向を選んでいないか?

をよく検討してみて下さいね

 

どんなことでも「急がばまわれ」が、

目標を達成するのに共通しています。

 

 

「目標の立て方」のまとめ

 

・自分に合った目標を立てること

 

目標を立てることは誰でもできるし、

イメージ的には簡単な感じがしますね。

 

でも、それが本当に自分に合った目標なのか、

見極めるのが難しいのです

 

目標が決まったときは、誰しも希望に満ち溢れ、

やる気やモチベーションも高いものです。

 

「明日から全部覚えてみよう」

「明日から一気に稼いでみよう」

「明日からすぐ痩せてみよう」

 

なんて最初は誰でも思えるものですね。

 

でも、月日が経つにつれて、

自分の能力や限界を知るときが必ず来てしまう

 

そんなときには諦めてしまうのではなく、

目標を変えたり行動を変えていく必要があります。

 

今の自分に合う目標を立てておくことが、

本当に大切なことなんですよね

 

 

・失敗したとしても絶対無駄にはならない

 

人間は失敗やミスを繰り返して、

成功していくものです。

 

その経験が無駄になることは絶対ありません

 

無駄」というワードには、

ほとんどの人が敏感に反応してしまいますね。

筆者も同じです。

 

ただ、「近道」だけを求めすぎると、

結局「遠回り」してしまうことがほとんどなのです。

 

嬉しいことより辛い思いや苦しい思いのほうが、

確実に記憶に残っていますよね?

 

そういう思いや経験は、

これから目標や人生に必ず繋がっていきますよ

 

 

・結局は続けている人が成功する

 

どんな些細なことでも習慣化されると、

当たり前のように行動することができます。

 

継続は力なり」というヤツです。

 

昔から現代まで成功の神髄が語られているのに、

なかなか達成できない人が多いのはなぜでしょう?

 

人間は基本的に弱い生き物であるから

 

自分という最大の敵になかなか勝てないからです。

 

楽をしようとするし、

できるだけ省エネで行動したいのが本能だからです

 

自分の弱さを受け入れて、

そこから負けないように意識するだけで、

少しずつ変わってくるでしょう。

 

要は意識の持ち方と行動のみ、です。

 

結局は続けている人が、

どの世界でも達成や成功している現実があります。

 

やるかやらないかだけの差ですね

 

 

この関連記事もよく読まれています

情報弱者にならないために高齢者や中高年に読んで欲しいこと

できることから少しずつやっていく。焦りが一番良くない

「現実を見ろ」というのは、「諦める」ことではない

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

powered by Google

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文