孤独に生きる覚悟ができる人とできない人。

    

人生というのは、常に「孤独」との戦いですね。

独身の人だけではなく、家族がいる人でも「孤独」を感じています。

年齢や性別も関係ありません。

 

孤独とは一体何なんでしょうか?

 

実際に、孤独に生きる覚悟ができる人とできない人がいます。

その違いには生き方に大きな差があります。

 

どちらかが良いとか悪いというものではありませんね。

 

今回は、「孤独に生きる覚悟ができる人とできない人」について、

まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

孤独とは?

 

「孤独」とは一体どういうものなのか?

人は孤独と戦ったり、逃れようとするときがありますよね。

多くの人が孤独のために悩んだり、不安を感じることもあります。

 

 

孤独とは、

人とのつながりを感じることができないこと

であると筆者は解釈しています。

 

一人で生活したり過ごしている人は、現代はたくさんいますよね。

ひとりぼっち」だけが孤独とは限りません。

 

家族や恋人、

友達や知り合いが多い人でも孤独を感じている人がたくさんいます。

 

まわりにたくさん人がいても、

本当は人とのつながりを感じられないからです

 

 

人は無意識に誰かに頼ろうする本能がある

 

人間はなにかしら誰かに頼ったり、助けを求める本能があります。

一人でいることや一人でなにかするのに不安を感じます。

 

それも誰かとつながっているのを感じないと、

不安や怖さを感じしまうときがあるからです

 

人は無意識に孤独を避けたり逃れようとする本能があります

 

 

孤独に生きる覚悟ができる人

 

誰でも孤独は感じている

 

一人で過ごすことが多かったり、楽しむことができる人います。

逆に一人では過ごせなかったり、辛いと感じてしまう人もいますね。

 

孤独」はひとりぼっちだけが感じるものではありません。

また、老若男女誰でも感じるものでもあります。

 

孤独に生きる覚悟ができる人は自分をよく理解している人

今まで生きてきて、あえて「孤独」を選んでいます。

それは、自分という「身の丈」を理解している人です。

 

人に依存しないし、できない人です

 

人との関りやつながりを断つ覚悟って、なかなかできないことです。

その覚悟ができる人というのは、とても強い人でもありますね。

 

 

それが諦めなのか、覚悟なのかで変わってくる

もう一人で良い」という諦めなのか、

もう一人で十分」という覚悟なのかで、

全然違う人生を歩むことになります。

 

諦めと覚悟は全く違うものです

 

孤独に流されない覚悟がある人が本当に強い人です。

 

本当に強い人というのは、人の痛みがわかる人ですからね

 

この記事もよく読まれています

➡路頭に迷った時、人生は長くなってしまう

➡人生に疲れたり楽しくないと感じるときの意味とは

➡孤独に強くなる方法は「必要な時間」と理解できるかだけ

➡生きる意味がわからないときに見つめ直してほしいこと

➡「やるだけやってみる」だけで不安と焦りは減っていく

 

 

 

スポンサーリンク

 

孤独に生きる覚悟ができない人

 

人は自分で思っているより弱い存在です

誰でも「弱い自分」というのを持っていますね。

誰かにすがったり、助けを求めようとするのは本能です。

 

肉体的疲労は癒せても、

孤独による精神的疲労はなかなかとれないものですから

 

 

孤独に生きる覚悟ができない人は人に依存している人

弱い自分を受け入れることはとても大切です。

 

人に振り回されたり、人に左右されて生きています。

当然ですがとても弱い人です。

 

弱い人が悪いとかそういうことではないです

 

誰かとのつながりがないと、

不安になって怖いとさえ思ってしまいます

 

常に助けてくれる人を探したり、

誰かに頼ることが当然だとか、

人に依存してしまう人は覚悟ができない人です

 

 

人間は弱いのは当たり前

どんな人でも弱さやもろい部分はあります。

弱さを受け入れて生きる人とそうでない人がいますね。

 

弱い自分を受け入れたら、

少しでも強くなれるように努力や経験、

行動していくことが「成長」や「進化」となります。

 

ただ、「自分は弱い」と思っているだけで、

強くなろうとしない人がいます

 

わかっているのに、

進化や成長を拒んでいる人って結構いるんですよね。

 

弱い自分は、誰かが助けてくれると思っている人がいます

 

 

孤独を感じることは

 

「孤独」というワードは良いイメージを連想させない

でも、筆者は「孤独」は悪いものではない、

と常に感じています

 

人が生きていくうえで欠かせないものであるし、

成長するのに必要なものです

 

 

孤独は人を進化させている

もうこんな寂しい思いは嫌だ」「孤独だろうが構わない」とか、

その人の孤独の受け入れ方で、

その人の成長や進化が変わってきます。

 

どちらが良いとか悪いといことではないです

 

孤独を感じたときにどう受け止めるかで、

運命や人生も変わってきます

 

 

孤独に終わりはない

老若男女どんな人でも「孤独」は感じて生きています。

 

生きている限りはずっと付き合うことになりますね

 

人は目に見えないものや、

虚しい気持ちになっていくと不安を覚えます。

 

「孤独」は逃れようとするほど牙を剥いてくるし、

受け入れてしまうと案外懐いてくるものです

 

孤独を感じることは悪いことではない、

ということです。

 

この関連記事もよく読まれています

➡死んだら楽になれる?大きな間違いと落とし穴の説

 ➡一生一人でもいいと思うときは

➡浮気や不倫する男女の心理とは。1番の原因や理由とは

➡人生がつらい40代に読んで欲しいこと

➡逃げるのは悪くないが、逃げ続けることはできない

 

 

孤独についてのまとめと筆者の感想

孤独に過ごしていたり、孤独に生きている人が悪いような風潮がある

みんながみんな、恵まれた環境で生きていませんよね。

 

孤独」というワードだけで、

ネガティブな連想してしまう人がほとんどですね。

 

孤独」に過ごしたり居ることが悪いような、

風潮さえありますからね

 

 

本当の孤独を知っている人は否定しない

人の痛みがわかる人は、孤独を否定しません

 

そのぶん人にも優しくなれる人です。

人に依存しないし、とても強い人です。

 

辛いときは基本的に一人である

ということを理解している人ですね。

 

本当の孤独を知らない人は怖がってしまう

一人で過ごすとか生きることすら考えることができない人です

 

本当の孤独を知らないのに、孤独に見える人を否定したりします。

 

孤独に常に怯えていて、

自分より孤独な人を見ると安心したり、

見下してしまったりすることもあります

 

 

覚悟ができるのか、できないのか

孤独に限らずとも、

生きていくうえでは覚悟するときが必ずありますね。

 

どんな人でもなにかしら覚悟をした経験があるでしょう。

 

今まで覚悟して人生の選択をしてきたから、

今ここにいるわけです

 

選択の最後にあるのは、「覚悟」なんですよね。

 

覚悟」を決めたら進むだけです、どんなことでも。

 

 

孤独に生きる覚悟ができる人は、

なんでも対応できる人ですよ。

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文