人生がつらい40代に読んで欲しいこと。

    

40代になると、人生がつらいと感じてしまう人が増えています。

筆者の40代前半ではありますが、共感する部分があります。

 

40代は「人生の折り返し」ともいわれています。

仕事や家庭でもプレッシャーや責任がのしかかってくる世代でもありますね。

独身の人でも将来に不安を感じることもあるでしょう。

 

今回はそんな40代のために、少しでも心がラクになれるように、

記事をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

40代という世代

40代は人生のベテランといわれる世代

40代という世代になると、社会的立場や環境が変化していく

 

仕事や家庭では、20代や30代とは違う立場や責任があります

 

また独身の人であっても、

今後の将来について人生設計を見直したり、再確認する時期になります。

 

人生の折り返し地点を迎えたことで、「人生の中堅」でもあります。

 

このまま人生を突き進むか、少し振り返るかの転機の世代でもあります。

 

折り返し地点で人生の見直しや修正をする世代

長い間勤めた仕事についてはこのまま続けるべきか、

思いきって転職を考える人もいるでしょう

 

40代を「人生の節目」と捉えるている人は実際に多いです。

 

家庭では子育てについて再度人生設計を確認したり、

独身であれば将来のために、

人生設計を修正したりしていきます。

 

40代は、人生について改めて確認したり、

見直しをしていく世代です

 

スポンサーリンク

 

人生がつらい40代や50代が増えています

仕事は定年まで働けるか、将来の不安を感じ始める

人生の折り返しを迎えた40代は、

あらゆるプレッシャーと格闘している

 

40歳なら定年退職まで、あと25年以上働く必要があります。

今現在勤めている会社で定年までは働けるのか

なんていろいろな不安がよぎるのは誰でもありますね。

 

終身雇用制度が崩壊している現代では、

いつリストラや失業するかわかりません

 

実際に40代の世代がリストラの対象になったり、

失業者は実際に増えていますからね。

 

体力や気力の衰えを自覚していく

将来についての不安だけではなく、

自分自身の体力や気力にも不安を感じ始めてくる

 

  • 「もう若くはない」
  • 「歳とったなぁ」
  • 「歳には勝てない」
  • 「若さには勝てない」

 

なんて自覚や実感することが多くなりますね。

 

20代や30代の頃のような若さや勢いが、

40代からは低下していきます

 

将来と自分自身の気力や体力に不安を感じると、

今後の人生についても迷いも生じてきます

 

人生がつらいと感じる40代や50代が増えている

あらゆる不安や責任やプレッシャーから、

人生に対して疲れてしまったり、つらいと感じる人が増加する。

 

家庭があっても独身であっても、

一家の大黒柱」という存在である世代になります。

 

また、親の介護が必要になってくる世代でもあります

 

筆者の親も確実に年老いているので、

今後のことを考えると不安ばかり募りますね。

 

「楽しい」と思えることより「つらい」と思ってしまうことが、

必然的に増えてしまうからでためです。

 

40代~50代は、先の見えない将来や不安などで、

人生というものに「辛さ」を感じやすい世代ですね。

 

この記事もよく読まれています

40代から体力や気力は衰えていくのか

ゆるく生きるほうが人生は楽しくなる。仕事は手段のひとつ

「老後資金2000万円」は無理ゲーなのか? 読み取るべき真意とは?

➡「人生なんとかなるさ」そう貫く40代~50代の過ごし方とは?

➡情報弱者にならないために高齢者や中高年に読んで欲しいこと

 

人生につらさを感じたらまず休んでみましょう

「休むのも勇気」は必須

人生の不安や迷いは誰にでもあること

 

責任やプレッシャーを感じすぎて、

自分を犠牲にし過ぎてはいませんか?

 

つらさや疲労感が強いときは、まずしっかり休んで下さい

休憩はとても大事です

 

時には思いきって仕事や家事を休んでみましょう。

休むのも勇気」ですよ。

 

長い人生、前進するだけが全てではありません

 

自分の人生について一度ゆっくり見直したり、

振り返ってみることも大事ですからね。

 

自分に休憩時間を与えて、リラックスできる時間を作りましょう

 

相談できる相手を見つけて、一人で抱え込まないようにする

誰にも相談できない中高年が急増している現代

 

一家の大黒柱」になってしまうと、

なかなか相談できる相手がいなかったりします。

 

社会的責任や立場上から誰にも相談できずに、

一人で苦しんでしまう中高年は実際に多いのです

筆者もその中の一人であったからよく理解しています。

一人で悩んだり、抱え込んでしまう中高年は現代はとても多いです

 

世間話や愚痴話をできる相手を見つけて、相談することが大事です

 

特にいない場合でも、今はネットですぐ見つけることができるし、

役所や国でも無料相談を行っている機関もありますからね。

 

人生の負担になっているものを見直してみる

今、何が負担となっているのか、考えてみる

 

少し休憩して心が落ち着くことができたら、

まずできることから負担を減らしていくことから始めます。

 

金銭的な負担であれば家計を見直したり、

家庭の問題であれば相談できる相手を探したりと。

 

実際に解決していく方法はいくらでもあるし、

要は行動するかしないだけで、差はどんどん広がってしまいます

 

なにをどうしたらいいか、

わからない場合でもまずは相談はすることです

 

一人で抱え込み過ぎて、

さらに事態を悪化させてしまわないためにも、

誰かに話を聞いてもらうことは本当に大切です

 

一気にまとめて負担を減らしていくことは困難

一気にまとめてスッキリしたいけど

 

焦る気持ちはわかりますが、とにかく冷静に、

ひとつずつ少しずつ負担を軽減していくことがとても大切です

 

まず、なにが人生のつらさになっているか、

落ち着いて整理していくことが大事です

 

問題が大きなものほど、一気に解決することは困難でしょう

 

「人生」は日々の積み重ねで成り立っています。

今日の行動が未来の行動に繋がっていきます

 

焦らず慌てずにできることから少しずつ、

負担となるものの改善策をまず、整理して考えていきましょう

 

人生がつらい40代に読んでほしいこと

一人で苦しみ続けてもなにも解決しない

つらいときは「つらい」と言える環境を作る

 

40~60代の「中高年」と呼ばれている人たちは、

人生につらさを感じていても誰にも相談できなかったり、

一人で苦しんでしまう人がたくさんいます

 

「精神論」や「根性論」に支配されていて、

「耐えることは美徳」とも教育されてきましたからね。

筆者も実際にそうでした。

 

誰に話せないし、誰にも会いたくないときがありました

誰かに頼ろうとする気すら起きませんでしたね。

 

でも、実際には一人では解決することができませんでした

 

人ひとりの力ではどうにもならないことがあるし、限界があります

人間はちっぽけな存在であるし、弱い生き物だとまず認識しておくべきです。

 

誰かに相談することで心は軽くなる

話すことの大切さを理解するべき

 

一度に全部は解決することはとても困難ですが、

少しずつ不安や負担は減っていきます。

 

誰かに話をしたり、話を聞いてもらうことはとても大切です

 

意見や考え方を交換してみることで、

解決の糸口を見つけられたり、

ヒントのようなものを見つけることもできます。

 

現代はどの分野でも「カウンセラー」という専門士がいます。

実際に誰かに話すことで心が自然に軽くなっていくからです

 

意地やプライドは自己満足でしかない

人に頼ることが必要な時があることを理解する

 

中高年のありがちな要因として、

意地やプライドにこだわる人がかなり居ますよね。

筆者もその一人だからよくわかります。

 

ただその結果がさらに問題を悪化させてしまい、

解決するのに多くの時間と労力を費やししまった経験もあります

 

問題を解決していくためには、冷静な視点で改善策を検討していくことです

 

見栄や意地、プライドはただの自己満足でしかなく、

問題を解決していくうえでは大きな障害となってしまうだけです

長い人生なかでは、

時には人に頭を下げて助けを乞う、知恵を貸してもらうときが必要です。

 

相談は早いほど効果がある
でるきだけ早めに相談するべき
 

少し休養や休憩をしてから冷静になって、

自分の人生を見つめ直せたら早めに相談しておくことです。

 

ギリギリまで耐えたり我慢してしまうと、

自分の精神的疲労だけはなく、

家族やまわりの人間にまで負担をかけることになってしまいます

 

特に金銭的な問題では、時間に限りがあります

 

金銭的な負担が原因なら、

できるだけ早めの相談や見直しが必要になります。

 

また、どんな問題であっても「相談するのが遅い」ことはあっても、

「相談するのが早い」ということはありませんよ

 

人生のつらさの原因をよく整理してみる

それが仕事なのか、人間関係なのか、お金なのか。

 

まず、原因をできるだけ整理してみましょう。

 

少しずつ整理出来たらその原因について、

ひとつずつ負担を減らす方法を考えみたり、

相談してみたりして改善していく方法を見つけていきます。

 

ノートやメモに書き出してみるのもおすすめです

 

どんなことになにについて「つらさ」を感じているのか、

冷静に見極めることができます。

 

とにかく一人で抱え込まないこと

耐えるのは美徳ではない

 

大切なのは苦しみ続けるのではなく、

自分に休養を与えてみたり、誰かにまず相談してみることです。

 

あなたの苦しみを誰かに知らせて下さい

 

まず、少しでも心をラクにすることから始めて下さい

 

一人で悩み抜いてみても、

良い解決策の選択肢は狭くなってしまいます

 

負担を減らしたり解決するには、

たくさんの知恵や改善方法が必要になっていきます。

 

人生につらさを感じたら、それは誰かの助けが必要な証拠です

 

この記事もよく読まれています

➡月曜日に仕事に行きたくないのは正常な証拠でもある

➡生きるのが面倒くさい40代が増えている現実

➡精神論や根性論で生きてきた中高年に知ってほしいこと

➡死んだら楽になれる?大きな間違いと落とし穴の説

➡逃げるのは悪くないが、逃げ続けることはできない

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連コンテンツ

powered by Google

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文