報われない努力はあっても無駄な努力はない、行動あるのみ。

    

無駄」というワードには、

どんなイメージを持っていますか?

 

なにか良くないイメージを持っていませんか?

 

できるだけ「無駄」を省いたり、

無駄」なことはしたくない、

なんて思ってしまいますよね。

 

ただ、努力することにはどうでしょうか?

 

報われない努力」や「無駄な努力」は、

誰でもしたくないのは当然です。

 

努力して行動することにも「無駄」はあるのか、

まとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

「努力」とは?

誰でも「理想の自分」を持っている

 

ここで言う「努力」とは、

目標に向かって行動し続けることです

 

 

誰でも「理想の自分」を持っていますね。

こういう風になりたい、ああいう風になりたい

と思っていますよね。

 

でも、神社やお寺などでお願いだけしていても、

その夢は叶うものでしょうか?

 

 

ただ思ったり願うだけでは、

理想の自分」にはなれません

 

「理想の自分」や「願望」を持つだけでは、

目標を達成するには足りないからです

 

「努力」と「行動」の継続が成功を生む

 

自分のスキルアップや願望を達成するためには、

必ず努力して行動を継続していく必要があります

 

どんな目標であっても、

どうすれば達成できるか考えて、

どんな行動を起こしていくかがスタートになります。

 

 

理想」や「願望」を少し上げてみると、

 

  • 成績を上げたい
  • 人から認められたい
  • スキルを上げたい
  • 健康になりたい
  • やり直したい

 

などなど人によっては、

ここには書ききれないくらいの「理想」や「願望」が、

たくさんあるでしょう。

 

「理想の自分」を持つことは大事なことです

 

ただ、いかに「理想の自分」に近づけるかは、

「努力」と「行動」の継続なくしては成功できません。

 

スポンサーリンク

 

報われない「努力」はある

「報われない努力」は存在する

 

ひたすら努力しても報われないことはあります

 

野球少年の全員がプロ野球の選手になれますか?

実際はどうでしょう?

 

特にスポーツの世界は怪我や故障が付きものだし、

やむを得ず断念せざる事情も起こるでしょう。

 

 

超一流の世界を目指すほどに枠は狭きものになります。

それが「現実」というものです

 

全ての人が超一流の世界には入ることはできない

ということは年齢を重ねるにつれて感じることでもあります。

 

 

誰でも始めから「報われない努力」だとは、

思って行動していないものです。

 

それを判断するのは、後のその人自身だけです

 

「報われない努力」は「無駄」なのか?

 

プロ野球選手を目指している野球少年たちは、

大人になってから「報われない努力」をしていた、

と思うでしょうか?

 

全力で野球をやっていた少年ほど、

後に大きな「経験」という財産になっています。

 

決して「無駄」だった、

なんて思うわけがありませんね

 

 

少年野球に限らず、

何年も「努力」して「行動」を継続してきたことは、

確実に「経験」と「財産」として残ります。

 

なにかを継続して「行動」するということは、

自分自身の成長を飛躍的に促している

ということです。

 

この関連記事もよく読まれています

目標の立て方で人生は変化する。高く持つか?小さく持つか?

「現実を見ろ」というのは、「諦める」ことではない

迷うくらいなら行動する。できない理由から考えてないか?

結果は後から必ずついてくる。良いことも悪いことでも

 

 

「無駄」な努力はない?

「無駄」を省くのが「善」?

 

世の中にはたしかに、

無駄」なものは存在しています。

 

自分に必要のない物を買ってしまったり、

持ち続けてしまうことがありますね。

 

 

「無駄」をなくすことが「善」という、

イメージが定着しています。

 

実際に「無駄」なものを省いたりなくすことに、

喜びを感じる人も多いでしょう。

 

長引く不況から「節約」や「コストカット」が、

企業でも個人でも常に見直されて続けています

 

「無駄」は「罪」?

 

「無駄」なものやことが「罪」であるかように、

恐れているからです

 

無駄な時間」や「無駄なお金」はたしかに、

少なくするべきです。

 

節約」や「コストカット」も、

実際に生きていくうえでは欠かせないことです。

 

「無駄なことはしたくない」、

という意識が常に働いてます

 

「無駄」な努力は誰が決める?

 

「無駄」を恐れるあまりに、

「人生」にも置き換えようとしてしまいます

 

最短で最速で成功できる方法があれば、

誰でも知りたいし実践してみたいものですね。

 

ただ、どんな方法にも必ず個人差があります

 

ひとつの教科書から方法を学んでも、

すぐに結果が出る人と出ない人の差が出てきます

 

 

それは「無駄」な努力になってしまうんでしょうか?

そもそも「無駄」だと誰が決めているんでしょうか?

 

無駄」かどうかはその人自身が決めることであり、

感じるべきことです

 

なにもしないことのほうが「罪」

 

「無駄なことをしたくない」という観念から、

行動すらできなくなってしまうことがあります

 

最短で最速に成功したいために、

できるだけ近道を通りたい気持ちはよくわかります。

 

でも結果的に中途半端に終わってしまったり、

行動すらできないままになってしまったりします

 

 

「無駄」に対していろいろと考えるよりもまず、

目標に向かってどう努力して行動していくか、

そこからです

 

なにもしない、できない時間のほうが、

明らかに「罪」ではないでしょうか?

 

「努力」は数値化できない

 

「努力」は計れないものです

 

当然に数値化できるものでもありません

 

教科書通りにやっていれば成功する、

なんて保証はどこにもありません。

 

自分自身の中でしか確認できないものです

 

目標に対してどれだけ「努力」や「行動」を、

継続できているかはその人だけがわかっています

 

「無駄」な努力なんてない

 

要はやるかやらないか

 

何事も「努力しなければその可能性すらない」です。

 

無駄」かどうかは自身で行動してから、

判断するべきことなんです。

 

やらない人ほど「無駄」な努力を嫌うし、

あれこれ理由を付けては行動もしません

 

目標に向かって行動することに、

「無駄」な努力なんてありません

 

 

目標を達成しようと思うならば、

まず現状でできる「努力」と「行動」をしてから、

あれこれ修正なり改善していけば良いからです。

 

スポンサーリンク

 

行動あるのみ

目標が高ければ時間もかかる

 

その人の目標が大きいほど、

達成するまで「努力」や「行動」にかかる時間は、

当然に大きくなっていきます

 

あなたがどんな「理想の自分」を求めているのか?

筆者にはわかりません。

 

 

ただ、長い年を常に目標に向かって集中していると、

当然の如く「疲労」を感じてきます

 

なかなか出ない結果に、

焦りや不安を感じることも出てくるでしょう

 

そんなときは気分転換したり、

しっかり休むことも大切ですよ

 

ローマは一日にして成らず」です。

 

途中で休憩したり目標を修正してみたり、

臨機応変に対応していくことも継続していく秘訣です。

 

目標を達成する自分を忘れないこと

 

今の目標を達成したい理由を忘れないことです

 

目標を達成したときに、

どれだけ「理想の自分」なれるのか?

絶対に忘れないことです

 

冷静に考えて余程、無謀と思える目標でなければ、

ほとんどの「願望」は達成することが可能なんです。

 

 

「努力」と「行動」さえ継続できていれば、

「思考は現実化」していきます

 

目標を達成できた自分を思い描いたり、

達成することで得られる喜びを想像しておいて下さいね。

 

成功できる共通点

 

何事も継続して「努力」や「行動」を続けられるかが、

成功できるかの共通点です

 

ただ、途中で挫折したり歩みを止めてしまうことは、

誰でもあります

 

そういうときは、あえて休んで気分転換したり、

目標や方法を修正してみると良いですよ。

 

 

「行動あるのみ」とは、

「前進」することが全てじゃありません

 

時には寄り道したり、

立ち止まってみて考えを改めてみるのも立派な「行動」です

 

「試練」とだけ捉えるのでなく、

「自分をデザインしていく」気持ちも大切ですよ

 

なんでもそうですが、

楽しめることは続きやすいのと同じです。

 

この記事もよく読まれています

できることから少しずつやっていく。焦りが一番良くない

悔しかったら努力して行動するだけで前へ進むことができる

継続することの大切さを理解することで成功につながる

最後まで諦めない心を持つ人が幸せになれる理由とは?

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

powered by Google

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文