「バズる」の意味や由来とは。炎上との違いをまとめてみました。

    

ネットやSNSではよく「バズる」というワードが使われています。

バズった」「バズってる」なんて聞いたりすることがありますね。

 

ビジネスのマーケテイング用語の「Buzz」に関連しています。

 

特にブログやツイッターなどのSNSでは、

バズる」ことを意識して記事や情報を発信している人がほとんどですね。

 

そもそも「バズる」ってどんな意味や由来があるんでしょうか?

また、「炎上」との違いは?

 

今回は「バズる」の意味や由来、炎上との違いについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

「バズる」の意味とは?

 

インターネット上ではよく使われている、

バズる」というワードです。

 

そもそも「バズる」とはどういった状態を表しているんでしょうか?

 

「バズる」ことの意味

 

「バズる」とはインターネット上で、

特定の話題や単語に爆発的に関心が高まることです

 

ネットではよく「バズった」なんて聞いたり、

言ったりしていますよね。

 

特定の情報に多くの人の関心が集まって、

アクセスが爆発することを意味しています

 

 

ちまたの口コミ情報から、

話題から宣伝になって人気が出ることがありますよね。

 

ビジネスでは特に、

口コミや宣伝効果は欠かすことができません

 

「バズる」ことを狙っている

 

実際に多くの投稿者は、

「バズる」ことを意識してネット上に情報を発信しています

 

ブログではひとつの記事にアクセスが爆発したり、

TwitterやFacebookでも投稿に関心が集まって爆発することがあります。

 

 

自分の発信した投稿は、

できるだけ多くの人に見てもらいたいものですよね?

 

筆者も常に課題にして記事を書いていますが、

簡単なことではなく実際は難しいものですね

 

 

「バズる」ことで、

ネット上で多くの人の関心や注目を集めることができます。

 

 

バズるの由来とは?

 

「Buzz」から由来している

 

バズる」は「Buzz」という用語が大きく関連しています。

 

「Buzz」という用語には、ハチに由来した意味があります

 

ハチはエサである花の蜜を巣に持ち帰って、仲間と共有していますね。

口コミや話題を仲間内で共有しているともいわれています。

 

Buzz」には、

噂で情報が広まる」「あちこち飛び回る」という意味などがあります。

 

マーケティング用語を動詞化したもの

 

実際に「Buzz」という単語を、

人間のビジネスのマーケテイング用語として使っています

 

マーケテイング用語として、

話題や口コミが集まっているもの」の意味を表しています。

 

 

口コミの意味を表す「Buzz」という、

マーケテイング用語を動詞化しています

 

もともとの「Buzz」という用語を、

バズる」に動詞化して変換しています。

 

ビジネスでの戦略として、

口コミや話題性は絶対に欠かせないものですね

 

バズる」ことで話題や情報が拡散して、

大きな宣伝効果となっていきます。

 

 

情報や話題は、

口コミから関心を集めてさらに大きな宣伝になっていきます

 

スポンサーリンク

 

バズると炎上との違い

 

バズる」に対義するワードとして、「炎上」があります。

 

どちらもネット上では、

瞬間的に多くの人の関心を集めることでは共通しています。

 

ただ、内容や意味は大きく違うんですよね

 

炎上」とは?

 

ネットでの「炎上」とは、

特定の個人や起業のブログやSNSに、

批判的な内容のコメントが爆発してしまうことです

 

匿名のコメントが多く、

その批判的なコメントや内容がエスカレートしていきます

 

特に有名人のブログがネットで炎上したりしていますね。

 

大量の批判者のアクセスによって、

管理しているサーバーがパンクしてしまった事例もあります

 

ただ、わざと「炎上」することを狙って、

一時的な関心を集める強者もいるんですよね

 

炎上」で失うもの

 

ネットの「炎上の被害はイメージや信用を失ってしまう

 

個人や企業ではそのイメージや信用を失って、

生活や経営に支障をきたす例もあります。

 

特に有名人や企業では、

ブランドイメージを大きく損なってしまうこともあります

 

あることないことを投稿されてしまい、

批判ばかりで埋め尽くされてしまうためです

 

発信元の意図しない方向に進んでいってしまいます

 

「バズる」と「炎上」の違いをまとめると?

 

「バズる」ことは、

人に役に立つことを目的とした好感度の高い情報です。

 

炎上」することは、

特定の個人や企業の批判を目的とした好感度を下げる情報です

 

目的と内容で大きな違いがありますね

 

どちらも瞬間的に多くの人の関心を集めることは共通しているので、

情報の発信や表現の仕方については特に注意が必要ですね。

 

 

どこからが「バズった」になる?

 

バズる」ことに明確な基準というものありません。

個人的な基準や感覚的なものがほとんどでしょうね。

 

 

一般的には、

ログやSNSでのひとつの投稿に対して、

一気に1000~10000ほどのアクセスがあったときに、

よく使われています

 

短時間で情報や話題が爆発することが、

バズる」ということですからね。

 

 

たとえば、

個人のブログのアクセス数が、

0から100に一気上がったら「バズった」といえるでしょう

 

人には言える数字ではないにしろ、

その人の中では「バズった」記憶や経験にはなりますね。

 

 

「バズる」ことで、

情報の発信者の価値やモチベーションが上がっていく

 

インターネット上で情報を発信することは、

できるだけ多くの人に見てもらうことが全ての人の共通の目的です

 

バズった」投稿は、

その人やコンテンツの価値になって嬉しい記憶にもなりますね。

 

 

投稿するときは常に、

「バズる」ことを意識して記事を書いてますよね

 

軽くバズった記事はこちらです

➡融雪剤を撒くときのタイミングとは?

➡楽天イーグルス、2018年の開幕スタメン選手を予想

➡孤独に生きる覚悟ができる人とできない人

➡大間のマグロ漁師、レジェンド小浜さんとは?

➡川越氷川神社の縁結び玉をゲットしました。その効果とは?

 

 

「バズる」のまとめと筆者の感想

 

このサイトはこの記事で100記事になりました

 

長い道のりでしたが、目標としていた記事数なんですよね。

苦闘を記事にまとめています

➡ワードプレスは初心者に難しい?プラグインとアナログのおっさん

➡パソコン用語に初心者のアナログのおっさんは四苦八苦

➡ワードプレスをアナログのおっさんの初心者がはじめました

 

通過点ではあるけど、

記念として「バズる」をテーマに記事を書きました。

 

それは願望でもあるんですけどね。

 

 

人に伝えられる「バズった」記事はまだごく少数です

 

個人的には、

100~200のアクセス数でも「バズった」記事だと思っています。

 

まだまだ修行が足りないので、

日々精進している最中ですね

 

 

「バブる」記事を書いていきたいですね

 

「バブる」とはバブル経済のようにでっかくなることです

筆者が現在作ってみた即興の造語ですよ

 

なかなかイケてませんか?

どうでしょう?

 

弾けてしまわないように注意が必要ですけどね

 

 

100記事書いてみて、それなりにサイトは強くなってきた

 

4か月ほどかかりましたが、

それなりにアクセス数も上がっています。

 

何度も心が折れかけましたけどね・・・。

 

次はとりあえず、150記事を目標にして継続していきます。

 

この記事もよく読まれています

➡3.11東日本大震災から7年が経ちます。風化させてはいけない

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文