「運も実力のうち」とは自然に運を引き寄せた結果のこと

    

世の中には「運が良い人」といわれる人がいます。

その反対に「運が良くない人」もいます。

 

昔から「運も実力のうち」とよく言われていますね。

実力」とはその人の能力を表しています。

 

開運」や「強運」というワードには、

誰もが惹かれますし。

 

特になにもしないで「運は良い人」になれるのでしょうか?

そこには自然と引き寄せの法則が働いています。

 

スポンサーリンク

 

運が良い人と良くない人

 

「運の良さ」ついては誰もが気にしている

 

自分が運が良いか悪いか、多くの人が気にしていますね。

「運の良さ」は一種のバロメーターでもあるからです

 

占いに人気があったり風水の人気があるのも、

たくさんの人が「開運」を意識しているからです。

 

見えない力である「」に対して、

少しでも良くしようとみんなが思っていますね。

 

目に見えない力に期待や憧れを抱いてるわけです

 

 

「運が良い人」とは?

 

「あの人最近ツイてるらしいです」

「あの人絶好調みたいですね」

 

みたいにまず、まわりの人から広がっていきます。

肝心な本人よりもです。

 

当の本人は、不思議な気持ちからだんだんと自覚していきます。

最近なんか運が良いかも」みたいになっていきますね。

 

特に意識していかなったり、

見返りを求めていない人に「運が良い人」は意外に多いですね

 

実際に「気がついたら運が良くなってた」、

なんて珍しいことではないようですね。

 

 

「運が良くない人」とは?

 

「なんか最近ツキがない」

「運が向いてこない」

 

のように、自分のミスや失敗から自ら自覚していくというか。

自分で決めつけてしまうんですね。

 

良くないことが続いてしまうと、

ついつい「」のせいにしてしまうことがありますね。

 

最悪、すべて運気のせいにしてしまう人もいたりします。

なにか変わるも変わらないもの、自分次第なのにです

 

実際に占いや風水にハマっていたり、

他力本願」的な人が多かったりしますね。

 

開運」や「強運」というワードには誰も惹かれますね。

ただ、「」そのものを意識しすぎるのは逆効果です。

 

 

「運も実力のうち」の意味

 

「運」は個人の能力の一部とされることがある

 

勢いの波に乗っている人には「」が味方してくれたり、

良い影響をもたらしてくれるということです。

 

特に験を担いでいた旧来の時代や、

現代の職業でも「」を能力の一部としてとらえることがあります。

 

強運」は実力者に備えられるものとして、

現代でも信じられていたりしていますね。

 

 

「運」は神が与えてくれた力?

 

」は目に見えない力ですね。

故に昔から「神が与えくれた力」と今でも信じられています。

 

実際に人の知恵や力ではどうにもならないことはあります。

それが良い方向になったり、改善することがありますよね

 

そんなときに「運が良かった」「神様に助けられた」、

なんて感じるものでしょう。

 

「運」=「神様」という感じかもしれません。

 

 

見えない力の存在を認めている

 

」という言葉を使う時点で、

目に見えない力の存在を認めていますね。

 

それは昔からの風習や伝統でもあり、

国境を越えて「」というものを認めているからです。

 

ただ、「運」がすべてではありません。

それに縛られたり振り回されないことが大切ですね

 

この記事もよく読まれています

寒川神社の八方除けを頂いて厄払いのご利益に期待

秩父の三峰神社の白いお守りとご利益とは?駐車場は大混雑でした

不平不満が多い人は自ら不運を引き寄せてしまっている

 

スポンサーリンク

 

自然に引き寄せた結果が「運」として出る

 

成功者が共通して言うことは「運が良かった」

 

成功者は独自のルールや目標、考え方などがさまざまですが、

本音の部分で語ってもらうと、

共通して「運が良かった」と言うのでビックリです。

 

成功者ともなれば、

当たり前のことを当たり前にやるのは当然で、

その先を見据えて計画や行動はしていますね。

 

実力主義者」であるのに、

」というものを認めて受け入れているんです。

 

 

人に喜ばれるために感謝された結果

 

経営者や起業者であれば根底として、

人に喜ばれるサービスの提供をすることがまず最優先ですね。

 

その提供先にサービスが喜ばれて、

感謝された結果が成功の基盤となっていきます。

 

それの流れが「信用」を生み、

利益が発生して会社そのものが発展していきます。

 

そこには人や物を通して「運」も引き寄せられています

関わる人や物が多いほど「運」の集合体を大きくなります

 

 

自然と「運」を引き寄せていた。

 

成功してから気づく人がほとんどですね。

ある程度の利益が出るまでや軌道に乗せるまでに、

それは言い表せないほどの努力や経験を積んでいるからです。

 

でも、独自の哲学や方法論があるのに、

結果として「運が良かった」と言えてしまうわけです。

 

人に恵まれた」「流れに助けられた」「時代に報われた」、

まさに「勝負は時の運」かのような。

 

自身が自然と「運」を引き寄せた結果です

 

類は友を呼び、流れの良い川はきれいな水ですよね。

無意識のうちにそういう仕事をしていたからです。

 

成功して改めて「」というものの存在を理解して、

次の成功につなげようとする人がほとんどですね。

 

 

「運は実力のうち」のまとめ

 

運が良くない人でも流れは変わっていく。

 

強運」や「開運」に恵まれた人ばかりではないですね。

なにをもって「運が良い」のかも差はあります。

 

運が良くない人」は、

自分で決めつけしまっていることがほとんどです。

 

良くないことは続くことがありますが、

冷静になって考えてみることが大事です。

 

その原因や要因を「運」のせいだけにしていないか?

 

目に見えない流れや周期、力はたしかに存在します。

ただそれらがすべてではないし、流れは必ず変わります

 

やるだけやってダメなら「神頼み」とか、

自分で切り替えたり流れを変える方法はいくらでもあります。

 

 

人に喜ばれることができれば自然と「運」も来る

 

自分で自然に「」は引き寄せられる、ということです。

笑顔は笑顔を引き寄せるし、感謝は感謝を引き寄せます

 

汚い部屋は空気もほこりっぽいですよね。

きれいな部屋のほうが居心地は良いに決まっています。

 

居心地の良い部屋は気分が上がりますし、

落ち着くのでゆっくり休むことができますよね。

 

当たり前のことを当たり前にやっていれば、

」も当たり前のようにやってきますよ。

 

普段から誰かに感謝することで、

あとから感謝される存在になっていくのと同じ引き寄せの法則です。

 

 

損得勘定で生きれば辛くなる。

 

仕事でもプライベートでも、

結果や利益だけ追及していくと後々辛くなります。

 

本来の「人に喜ばれるサービス提供」、

という目的を見失ってしまうことがあるからです。

 

家族や友人と一緒に過ごしたいと思うのは、

居心地が良いし安心できるからですよね?

助けてあげたいし、助けてくれるからです。

 

「仕事やビジネスは私情は禁物」なんてよく聞きますが、

だったらなぜ、パワハラやうつ病で苦しむ人がいるのでしょうか?

 

そこには立場的に損得勘定が発生していて、

人の付き合いや管理に人としての差があるからでしょう。

合う人間と合わない人間は必ずいます

 

 

すべて割り切れるほどの強い心があれば良いですが、

人間はそこまで強いものだと筆者は思えません。

 

 

この関連記事もよく読まれています

悔しかったら努力して行動するだけで前へ進むことができる

厄年とは?男女の年齢や過ごし方の注意とは?厄払いの時期は

川越氷川神社の縁結び玉をゲットしました。その効果とは?

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文