秩父の三峰神社の白いお守りとご利益とは?駐車場は大混雑でした。

    

こんにちは、アナログのおっさんです。

 

今回は埼玉県秩父市にある、三峰神社に実際に行ってきました。

とても神秘的な神社でした。

三峰神社の見所や白いお守りについてもまとめてあります。

 

また、狼の神様や龍神様、御神木を実際に見てきました。

前日から前乗りして大混雑した駐車場についてもまとめてあります。

 

スポンサーリンク

 

狼の神様が住む三峰神社


 

三峰神社は、埼玉県の秩父市三峰にある神社です。

 

関東最強のパワースポットともいわれていて、

標高1102mの険しい山の上にあります。

 

 

狼の神様が住んでいるという非常に珍しい神社であり、

いたるところに狼の像があって祀られています。

 

狼は「大神」とも呼ばれ、昔から神様の遣いであると伝えられています。

 

 

悪運や憑き物を断ち切ってくれることでも有名であり、

どの狼の像も激しい表情が印象的でした。

 

明確な意思や目標を持っている人に、

強い運気をもたらす神様といわれています。

 

強く激しい気であるため、

迷いがある人や心身が弱ってる人は注意する必要があるともいわれています

 

 

空手バカ一代のモデルにもなった

伝説の空手家「大山倍達」氏が、

山籠もりして修業した場所も有名です。

 

伝説の剣豪である宮本武蔵もこの三峰神社で修業して、

「二刀流」を開眼した話もあります。

 

お笑い芸人のバイきんぐ」もここで修業したあと、

キングオブコントで優勝しました。

 

 

彼らは相当の努力家ではありますが、

明確な意思と目標を持っていたために、

神様のひと押しを授かれたのかもしれませんね。

 

 

三峰神社はペット可?三ツ鳥居と二又の木

 

三峰神社の鳥居は、

日本に7つしかない「三ツ鳥居」という大変珍しい鳥居です。

両脇に狼が鎮座しています。

 

随身門」(ずいしんもん) です。

これは拝殿ではありません

拝殿はもっと先にあります。

 

 

三峰神社の境内はとても広くて、本殿までかなりの距離があります

山の上にあることもあって、登山やハイキングをしているような感覚です。

 

 

驚いたのは狼の神様であるためか、

を連れて参拝している人が結構いました。

 

本殿以外はペットを連れても良いということです。

 

 

遥拝殿」(はいようでん) です。

ここから奥宮を参拝できます。

 

正面から「らくだの背」のようなかたちをした山の山頂に奥宮があります。

先は崖のようになっているので、どれだけ高いところに来たか実感しました。

 

 

山深い景色は素晴らしいです。

登山路もあるので、登山者の方ともすれ違いました。

 

これだけの大自然なので熊が出ることもあるようです

クマ出没注意」という看板もありました。

 

 

途中にあった二又の木です。

二又の木は神が宿る」と昔から伝えられています。

 

きれいに二又に分かれていますね。

たくさん木はありましたが、一本一本大きくとても太かったですね。

 

 

それぞれの木に年輪や樹齢を感じました。

何百年という歳月を経てきているのでしょうか

 

 

この記事もよく読まれています

夢の意味とは。夢の中で追いかけられる、蛇の夢や火事の夢とは

神様はいるいない?お願いしてしまうことは。感謝の気持ちが大切

墓参りの時期や時間、服装やマナーとは。大事な意味と気持ちとは

 

スポンサーリンク

 

龍神が宿る三峰神社の拝殿とご神木

 

ようやく拝殿に到着しました。

 

建物自体が「」の感じではなく、

アジアや中国的な印象を受けました。

 

装飾がカラフルで、

日本ではあまり見られない感じの装飾や色づかいがされています。

 

 

本殿のすぐ左横の石畳です。

龍が浮かび上がっているのがわかりますか?

 

 

なにもなかった石畳に2012年の「辰年」の年に、

突然浮かびあがってきそうです

 

なんともいえない不思議な話ですね

三峰神社は「龍神が宿る神社」としてさらに有名になりました。

 

 

水をかけるほど浮かびあがるそうで、

手前に水が入ってる桶と柄杓が備えてあります。

 

参拝者のほとんどが縁起ものだと水をかけていくため、

常に濡れている様子でした。

 

 

本殿の階段横に根をおろしてる御神木です。

樹齢800年といわれています。

 

 

対のように2本あります。

存在感が半端ないです

 

三峰神社のお守りには、

この御神木のかけらが入れてあるそうです

 

 

実際に触れることができるのですが・・・。

 

よく見てみるといびつに変形していますね?

 

何百年も参拝者に触れられてこのようなかたちに変形したんでしょう

 

それでも朽ちることなく、

どっしりとたたずんでいる姿には本当に敬意しかありませんでした。

 

毎月朔日のみもらえる白いお守りのご利益とは

 

三峰神社には

毎月の朔日(ついたち)しか配られない白いお守りがあります

 

画像は実際にもらってきたものです

 

 

」は古くから太陽の色にたとえられて、

神聖な色」として祭儀や装束に今でも多く使用されています。

 

また「新しい」を表す色であり、「再生」をも意味する色なのです。

 

 

それらの意味を含めて朔日、

新しい月のはじまりの日にだけ白いお守りを配られるようです。

 

白い氣守り」(しろいきまもり)と呼ばれています

 

大変な人気のお守りで、

一人につき一体しかもらうことができません

 

しかも、

事前に引き換え券をもらっておかないと買うことができません

 

白いお守りは2000円でもらうことができます

 

 

スケート選手だった浅田真央さんが、

お姉さんからこのお守りをもらった年に、

オリンピックで活躍したことがを話題になり、

爆発的に有名になりました。

 

 

明確な意思や目標を持っている人に強い運気をもたらす、

というご利益が当てはまっていますね。

 

 

ほかにもたくさんのご利益があったと評判になり、

メディアで大きく取り上げられました。

 

この1日限定のお守りを求めて、

全国各地から三峰神社へ人が集まるようになりました。

 

 

こちらの関連記事もよく読まれています

川越氷川神社の縁結び玉をゲットしました。その効果とは

お守りを複数持ちすると神様が喧嘩してしまうのか?

寒川神社の八方除けを頂いて厄払いのご利益に期待

 

スポンサーリンク

 

白いお守りを求めて駐車場は大混雑

 

朔日の日の前日深夜の三峰神社の駐車場です。

 

夜中の2時くらいですでに満車になりました

 

とにかく大混雑でした

200台ほどは駐車できるようですが・・・

 

車中泊する覚悟をしてもらい来る人がたくさんいます。

実際に筆者も前乗りして車中泊をしています。

 

夜中でも駐車場は人で溢れていました

 

朝になって引き換え券をもらうためにみんな並んでいます

 

引き換え券をもらうだけでも長蛇の列です。

引き換え券は「三ツ鳥居」の前でもらえます

 

 

引き換え券をもらって1時間ほどで拝殿まで来れました

 

みなさん参拝してからお守りをもらうので、拝殿も大混雑しています。

地元の神社の初詣のときより大混雑していました

 

 

本殿参拝後、

さらに1時間半以上かかってやって「白い氣守り」をいただけました。

 

想像以上の人の多さと大渋滞でしたね・・・

 

白いお守りを手に入れるには、それなりの気力と労力が必要です

 

朔日に三峰神社に行かれるときは、

十分な準備と余裕を持って行かれたほうが良いです。

 

 

それだけの価値を求めて全国から集まってきます。

土日や祝日の朔日は大混雑します

 

筆者が行ったときも朔日が祝日でした

なので、大混雑でしたね・・・。

 

険しい山道なので車も大渋滞が発生します

すれ違うのも厳しい山道で、バスも運行しています。

 

 

帰り道もこれから三峰神社へ向かう車で大渋滞していました

 

 

できるだけ平日の朔日に白いお守りを手に入れることをおすすめします

 

 

✅ 遠方の方は興雲閣へ宿泊するのが良い

 

三峰神社の宿泊施設「興雲閣」に宿泊される方は、

朔日や大晦日に配布してもらうことができます

 

遠方からお参りしようと思っている方は、

ぜひ宿泊を検討してみるのも良いと思います。

 

朔日や大晦日の予約は簡単ではないとは思いますが、

三峰の神の湯」という温泉施設もありますので。

 

一日ではまわりきれないほど広い神社なので、

旅行と参拝を兼ねて宿泊してみるのも贅沢な休日ですね。

 

 

白いお守り以外のお守りの種類

白いお守りのほかにもお守りはあります。

 

同じく「氣守り」(きまもり)と呼ばれていて、

色は青色と緑色、桃色の3色あります。

 

こちらのお守りは平日でも1000円でもらうことができます。

お土産用に何個かはもらってきました。

 

 

他にも御朱印や氣守り以外のお守りなどもたくさんあります

キーホルダーのタイプのお守りもありました。

 

お土産に誰かに渡すには良いかもしれません。

 

 

今回は白い氣守りをもらうことに力を入れていたので、

他のお守りまで手がまわりませんでした・・・

 

次回また行くことがあると思うので、また紹介したいと思います。

 

 

三峰神社のまとめと筆者の感想


 

三峰神社はとても広く、

1日でまわりきれない程の名所がたくさんあります

 

まだ紹介しきれていない部分がかなりあります。

正直、白い氣守りをもらうのでかなり精一杯でした・・・

 

 

ペットを連れて歩ける神社は少ないんじゃないでしょうか?

狼が本当にいるような神聖な山の中に三峰神社はありました。

 

 

関東最強のパワースポットと呼ばれるのにふさわしい神社でした。

大自然に宿る神々たちを感じられる数少ない場所なので、

ぜひ足を運んでみてください。

 

 

✅ 平成30年5月15日、白い気守りの配布の休止を発表。

 

大渋滞や混雑する人の騒音で、

近隣住民の方への配慮を考えてやむなく出した結論のようです

 

駐車場に止められず、路上駐車する人も実際多かったので、

それが更なる渋滞の原因にもなっていました。

 

ただ、三峰神社には宿泊施設があり、「興雲閣」に宿泊される方のみ、

毎月朔日と大晦日は配布されるとのことです

 

予約するのもなかなか大変だとは思いますが。

どうしても白い氣守りを手に入れたい方は、検討してみて下さい。

 

配布を再開するにあたっても、

渋滞や騒音の対策の打開策を検討してからだと思いますので。

 

非常に残念なニュースですが、仕方ありませんね

 

平日でもご祈祷や散策、お参りするだけでもとても希少な神社です。

訪れる際は時間に余裕もって行ってくださいね。

 

 

こちらの関連記事もよく読まれています

3.11東日本大震災から7年が経ちます。風化させてはいけない

七草粥とは。いつ食べる?1月7日の意味や種類について

松尾芭蕉は服部半蔵という忍者だった?修正された歴史とは

 

 

少しでもご参考になれると嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文