墓参りの時期や時間、服装やマナーとは。大事な意味と気持ちとは?

    

こんにちは。普段からお墓参りしていますか?

 

ご先祖様や友人などのお墓にお花や線香をそえて手を合わせます。

深く意味を考えずに小さいときからなんとくお墓参りをしてきたと思います。

 

お墓参りには大切な意味があります。

その意味や気持ちとはなんでしょうか?

 

そのお墓参りの大事な意味や気持ち、

お墓参りについてのマナーなどについてもまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

お墓参りする大事な意味とは?

ご先祖さまや亡くなった友人のお墓に手を合わせる時間を作っていますか?

 

お墓参りをするうえで大切なことは、

故人を忘れないで思い返してあげることです

 

故人を忘れないためにお墓というものがあります。

 

お墓というのは、世の中に故人が存在していた「証」でもあるのです。

 

 

特に先祖代々のお墓には、自分の知らない世代の方々が眠られていますね。

 

ご先祖さまたちが居たから今のあなたが存在しています

 

友人についても、その友人に縁があって知り合い今のあなたが居るわけです

 

 

今のあなたが居るのは、

ご先祖さまや縁のある友人がいたからこそ存在できています。

 

 

お墓参りをする大事な意味は

今の自分の命はご先祖さまに与えられたものであると気づき感謝する

今の暮らしがあるのは多くの人に支えられていることを認識する

今後、自分の子孫や社会の人たちにどう貢献していくか考える

 

 

宗教的な行事や義務的な気持ちで考えるのではなくて、

 

感謝の気持ちを思い返し、

自分の在り方を見つめ直す大切な時間であると改めて下さい。

 

 

そう改めるだけで、

お墓参りをする」という行為の本当の意味がわかってきますね。

 

故人を供養するだけなく、自分を見つめ返す大事な時間でもあります。

 

 

お墓参りのマナーについて

お墓参りのマナーについては特に難しく考える必要はありません。

一般的な常識を持っていれば特に問題はありません。

 

 

自分がお墓で待っているとしたら、

どんなことをしてもらうと嬉しいですか?

 

お墓が汚れていたら掃除してもらいですよね。

 

お墓参りをする「気持ちがなによりも大切」ということです。

 

 

簡単にマナーについてまとめていきます。

 

 

この記事もよく読まれています

神様はいるいない?お願いしてしまうことは。感謝の気持ちが大切

厄年とは?男女の年齢や過ごし方の注意とは?厄払いの時期は

秩父の三峰神社の白いお守りとご利益とは?駐車場は大混雑でした

 

スポンサーリンク

 

お墓参りをする時間帯や時期、服装など

 

時間帯は特に決まっていません

 

日が出ている時間ならお墓の掃除もしやすいですね。

夜に行くのは危険なのでやめましょう。

 

 

時期については基本的にいつ行っても構いません

 

行きやすい時期としては以下のようになります。

 

  • 正月
  • お彼岸
  • お盆
  • 年忌法要  祥月命日や法要
  • 節目の時  進学や就職、結婚など

 

家族や親族で集まっていくと故人も喜ぶでしょう。

 

 

服装についても自由です

 

常識のある服であれば特に問題はありません。

法要の際は喪服や礼服を着用する必要があります

 

 

お花やお供え物も決まりはありません

 

お供えする花も特に決まりはありません。

故人が好きだったお花があればそれが良いでしょう。

 

ただ、匂いが強いものや処理に困るような植物は、

他のお墓の迷惑になるので、避けた方が良いと思います。

 

お供え物についても特に決まりはありません。

食べ物や飲み物でも、故人が好きだったものが喜ばれるでしょう。

高価なものにこだわる必要は全くありません。

 

「好きだったものを供える」という気持ちがなによりも大事です

 

 

お墓をきれいに掃除して手を合わせる

お墓に着いたら、まず一礼して手を合わせましょう

 

そしてお墓のまわりの掃除をしていきます。

古い花は取り替えて、落ち葉や雑草などをきれいにしていきます。

 

手桶を借りて水を汲んでおき、その水でお墓の汚れをとっていきます。

たわしや雑巾があると掃除がしやすいですね。

 

 

お墓やまわりをきれいにできたら、

線香に火をつけ香炉か線香皿におきましょう。

 

そして、再び手を合わせて故人の冥福をお祈りして、

感謝の気持ちを伝えます

報告したいことなどあれば報告しておきましょう

 

 

きっとご先祖さまや故人も喜んでくれています。

お墓参りをすることで自分の気持ちも清々しくなっていきます。

 

 

お墓参りで一番大事なものは「気持ち」

 

お墓参りで一番大切なことは「気持ち」です。

 

会いに行ったり感謝したり、報告しようとする気持ちです

高いお墓やお花、お供え物よりも故人はその気持ちをなりより喜ぶはずです。

 

 

自分がもし故人であったら、なにが一番悲しいことでしょうか?

 

それは「忘れられてしまう」ということです。

それは人であった故人も同じですね。

 

 

故人に対しての気持ちを伝える時間が「お墓参り」だと思っています。

遠くてお墓へなかなか行けない事情もあると思います。

 

 

なかなかお墓に行けないときは

自宅でも手を合わせて、

気持ちを伝える時間を作ることがとても大切だと思います。

 

それもお墓参りすることと変わりはありません

 

 

改めて時間を作って「お墓参り」することは自分にとっても良い時間になります。

お墓参りしよう」という気持ちがなによりも大事で大切なのです。

 

 

この関連記事もよく読まれています

お守りを複数持ちすると神様が喧嘩してしまうのか?

七草粥とは。いつ食べる?1月7日の意味や種類について

大掃除の計画とコツとは?掃除の順番や便利グッズ重曹の使い方

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文