眠れない時の原因は不安とストレス。対処法やおすすめサプリメント。

    

普段から睡眠は大事だとよく言われています。

 

でも、忙しい毎日を過ごしていると眠れないときってありますよね?

眠りたいのに眠れない、そんなときがありますよね。

 

眠れないときの原因は、不安やストレスが大きく関係しています。

 

そんな眠れないときの原因や対処方法についてまとめていきます。

また、おすすめのサプリメントについてもまとめています。

 

スポンサーリンク

 

眠れない時の原因とは

 

眠れないときの原因は、

精神的なもの、肉体的なもの、環境的なものなどそれぞれあります

 

  • 不安や考え事をしているとき
  • 昼間に寝てしまったとき
  • 疲労や神経が興奮しているとき
  • 暑さや寒さで寝つけないとき
  • 騒音や環境で寝つけないとき

 

眠れないときに焦ってしまい、

かえって眠りのタイミングを逃してしまうこともあります。

 

多くは不安やストレスが大きな原因となっています

 

もともと寝つきの悪い人と寝つきの良い人の差もありますね

普段から寝る時間を習慣づけることも大切です。

 

 

眠れないときの原因は、

不安やストレスが大きく関係するということです。

 

その他にも疲労による神経の興奮や生活習慣にが原因となることもあります。

 

スポンサーリンク

 

不安やストレス、考え事で眠れないときの対処方法

 

なにか不安や悩み、考え事をしているとなかなか寝つけなくなります。

 

不安やストレスにより眠気を遠ざけてしまうことがあります。

考えるほどに不安が大きくなったりして、眠ることに焦ったりもしていきます。

 

眠れない原因の一番多い理由ともいわれています。

 

 

寝る前に考えてもほとんどなにも解決しません

 

結論の出ない永遠のテーマと論争しているようなものです。

寝る前に行動は起こせないし、問題を解決することはできません。

 

あえていうなら、自分に言い聞かせる程度の効力しかないです。

ほとんどの場合マイナス思考による不眠です

 

寝つきの良い人と悪い人の差がそこにあるといわれています。

 

 

寝る前は楽しいことを思い浮かべましょう

 

これから行きたい場所や旅行してみたいところなど、

気持ちが上がることを思い浮かべてみましょう。

 

プラス思考で悩んだり考えるぶんには、不眠にはあまり影響ありません

 

 

あえて何も考えないことも大事です

 

寝る前に読書をしたり音楽を聞いたり、単純作業するのも効果があります。

 

アロマやホットミルク、ホットココアなどでリラックスして、

気分を落ち着かせることも効果があります。

 

心地良さとほど良い疲労で眠りを促します。

 

ただ、不安や悩みで数日以上の不眠が続くときや、

どうしても改善されないような場合は、

医師の診断を受けることが必要です

 

この関連記事もよく読まれています

➡夜更かしの意味とは。心理的ストレスが原因?夜更かしはいけないことなのか?

➡浮気や不倫する男女の心理とは。1番の原因や理由とは

 

昼寝してしまって眠れないときの対処方法

 

週末の休みなどに普段の疲れや睡眠不足などで、

昼寝を長めにしてしまうことも少なくありません。

 

 

1~2時間程度の昼寝ならそんなに支障はないですが、

3~4時間以上の昼寝をしてしまうと、

体内時計が狂ってしまい

いつも寝ている就寝時間に寝つけなくなります。

 

 

昼寝によって蓄積された疲労の回復、

睡眠不足を補う効果もありますが、

長時間の昼寝は本来の睡眠に大きく影響してきます

 

長時間の昼寝は避けてほど良い昼寝を心がけましょう

 

スポンサーリンク

 

疲労や神経が興奮しているときの対処方法

 

過度の疲労や神経の高ぶりによる興奮で寝つけないときがあります。

 

不安や悩み、考えごとで眠れないとき同様に、

まず気持ちを落ち着かせる必要があります。

 

体が疲労していても神経が研ぎ澄まされている状態です

 

 

寝る前にスマホを操作すると、

副交感神経神経を刺激してさらに寝つきが悪くなります

 

暗い中でスマホを操作していると、

液晶の光で視覚や神経を刺激してしまいます。

 

そして、眠れないことに焦りを感じて。

余計に眠れない状態になってしまいます

 

 

リラックスさせることで、

神経の高ぶりや興奮を和らげていきます

 

呼吸が乱れていることもあるので、

まずゆっくり深呼吸してみましょう。

 

読書や音楽を聞いたり、

お風呂やアロマを利用するのも効果があります

 

ホットミルクやホットココアを飲むことで緊張を和らぎ、

眠気を促進する効果があります。

 

 

寝る前は心身共にリラックスさせて、

神経を刺激させないことが大切です

 

過度の緊張や神経の高ぶり、

興奮を和らいでいくと自然に眠気がやってきます。

 

この記事もよく読まれています

➡月曜日に仕事に行きたくないのは正常な証拠でもある

➡読書の効果やメリットとは?脳の活性化やアルツハイマーの予防

 

暑さや寒さで寝つけないときの対処方法

 

暑さで寝苦しいときや手足の冷えで寝つけないときもあります。

 

暑さの対処方法は、

エアコンや除湿で適切な温度に調節しておきましょう。

 

冷えすぎないようにやや高めに温度設定したり、

タイマーを利用すると良いです。

 

また、寝具でも夏用に快適に涼しく使えるものもあるので利用しましょう。

 

 

寒さの対処方法、

手足の冷えは就寝前の入浴時間を変更すると良いでしょう。

就寝前の2時間前に入浴するのが理想です。

 

過度に手足を温めると体温上昇により、

寝つきがわるくなるときがあります。

 

暑さや寒さもほど良い調節がとても大事になります

 

関連記事も参考にしてください

➡入浴効果で疲労回復やリラックス。適切な時間と温度やヒートショックにも注意

➡カテキンとカフェインの効果とは。緑茶とコーヒーはどちらが体に良い?

 

騒音や環境で寝つけないときの対処方法

 

夫婦で寝ているときや隣人の生活音などで寝つけないときがあります。

 

一番解決しにくい原因かもしれません

 

夫婦で寝室を別にすることで、

パートナーのいびきなどの原因は解決できます。

寝室別の夫婦は年々増加しています

 

 

隣人や近所の生活音については、

対処法が現実的に難しい問題でもあります。

 

あえてクレームを付けたりすると、

近隣でトラブルにもなりかねません。

 

住宅は簡単に引っ越しすることもできません。

分譲なら尚更です

 

早めに就寝してしまう、

耳栓を着用するなどの予防法しか現実にはありません

 

 

隣人の生活音や騒音などの問題は、

本人同士で話をしないで第三者を経由することが大切です

 

些細なことがトラブルに発展する場合も多いので、

注意して行動する必要があります。

 

 

眠れないときのおすすめサプリメント

最近は睡眠で悩む人のために、

睡眠のサプリメントが多く存在しています。

 

なかなか寝つきが改善しないときは試してみるのも価値はあります。

手軽であるぶん、使用方法はしっかり守る必要があります

 

睡眠補助というものなので、効果には個人差があります。

 

不眠解消にこのサプリが人気です

睡眠にお悩みの女性必見!12種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis

 

どうしても寝つけないときや不眠症が解決しないときは、

医師の診断をうける必要があります

 

この記事もよく読まれています

➡うつとは?症状や原因とは。うつを感じたときや治し方や処方される薬について

➡人生に疲れたり楽しくないと感じるときの意味とは

 

最近は不眠症で悩んでいる人も多く、

病気であり社会現象にもなっています。

 

数日間眠れないときは、

不眠症の可能性が高いので医療機関の受診が必要になります

 

一人で抱え込まずに誰かに相談してみることがとても大切です

 

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

今回はこの辺で。ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

関連コンテンツ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文