夜更かしの意味とは?心理的ストレスが原因?いけないことなのか?

    

ついつい夜更かしすることってありますよね?

 

休みの前の日だったり、連休中だったり、

明日も仕事なのに、というときも。

 

早く寝なきゃ」と思いつつも、

ついついやってしまうことがありますね。

 

夜更かししてしまうことには意味があります。

心理的ストレスが原因です。

 

夜更かしって悪いことなんでしょうか?

 

夜更かししてしまう原因はどんなものがあるんでしょうか?

 

今回は夜更かしについてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

 

ついついと夜更かししてしまう

 

よく夜更かしをしてしまうことがある

ついついと時間だけが過ぎてしまっていた

 

まだ眠りたくない」とか「寝るのが惜しい」とか、

なんとなくついついダラダラとまったりしてしまって、

過ごしてしまうときがありますよね?

 

夜型」なんて言葉もあるし、

夜に活動的になったり、元気になってしまうこともあります。

 

夜中に読書やYouTubeをずっと見てしまうことが、

筆者も実際によくありますよ。

 

夜更かしを楽しんでいるときがある

夜更かしは癒しの時間でもある

 

寝なきゃいけないのに、スマホやパソコンをいじったり、

音楽を聞いたり動画やテレビを見たりしてしまう。

ゲームに没頭している人もいるでしょう。

 

他にもいろいろあって、なぜだか夢中になってしまうこともありますね

ただ、特にしなくちゃいけないことをしてるわけでもないんですよね

 

普通に夜更かししている時間を楽しんでいるときもあります。

それが個人の「癒しの時間」にもなっているということです。

 

時には楽しくて、時間をついつい忘れてしまうことも少なくありません。

休みの前の日とかはすぐに寝たくないですよね?

 

特に休みの前日は、すぐ寝てしまうのはなにか、

もったいない」気持ちにもなりますからね。

 

でも、ダラダラと夜更かしをしてしまうことには理由があります

 

スポンサーリンク

 

夜更かしは心理的ストレスが原因?

心理的ストレスが原因といわれている

夜更かししてしまう理由は

なんらかのストレスによって神経が敏感になり、

眠気を感じにくい状態になっています

 

一種の興奮状態でもありリラックスできていないので、

自然な眠気を感じにくいのです。

 

計ることができない心理的なストレスが大きな原因、

ということです。

 

自分の中に「物足りなさ」が無意識に残っていて、

それを埋めたいがためについついと夜更かししてしまうんです。

 

夜更かしに開放感を感じるときがある

開放感と癒しを求めている

 

ただ夜更かしすることで、

ちょっとしたことに楽しさや癒しを感じることがあります。

 

休みの前日は寝るのが惜しかったり、

学校や仕事からの開放感を感じる時間でもあるんですよね。

 

また、「明日に対する不安」や「朝を迎えるのが憂鬱」、

という不安や心理的ストレスから、

夜更かしをしてしまうこともあります。

 

明日、学校や会社行くのやだなぁ」とか、

日曜日の夜や連休明けの晩にはよく思ってしまいますよね?

 

この関連記事もよく読まれています

➡月曜日に仕事に行きたくないのは正常な証拠でもある

➡人生に疲れたり楽しくないと感じるときの意味とは

➡眠れない時の原因は不安とストレス。対処法やおすすめサプリメント

➡孤独に強くなる方法は「必要な時間」と理解できるかだけ

➡死んだら楽になれる?大きな間違いと落とし穴の説

 

夜更かしは習慣化する

 

夜更かしは習慣化することが多く、

次の日も仕事や学校があっても、

毎日のように夜更かししてしまうことも少なくありません

 

夜更かしが習慣化してしまうことで睡眠不足が続きます

 

朝になってもなかなか起きられなかったり、

仕事や学校でも睡眠不足で能率があがらないことで、

後悔することもあるでしょうね。

 

睡眠不足はあらゆる面で集中力を欠いてしまいます

睡眠不足が続くと体や心にも影響が出るのは間違いないです。

 

睡眠不足は脳や内臓の疲労回復がしっかりできない

ということにもなりますからね。

とても健康的とはいえないでしょうね。

 

個人的には次の日の仕事や学校が休みで、

夜更かしを楽しむぶんには問題ないと思います。

 

夜更かしするな、とは言いませんが習慣化は避けるべきでしょうね

特に年齢が低い子供や学生さんは発育にも影響がありますからね

 

 

夜更かしはいけないことなのか?

夜更かしは健康的ではない

夜更かしは医学的にはNGです。

 

睡眠不足自体がとても健康的であるとはいえないですね。

睡眠不足は体や心にもいろいろな影響を与えてしまいますからね

 

実際に他のサイトを見ていても、

夜更かしの健康被害」について詳しくまとめてあります。

 

でも、もともとは、

なんらかのストレスがあるから夜更かしをしてしまうのです。

 

そのストレスの根本を取り除かない限り改善することは難しいでしょう。

 

ストレスというものは、

目に見えず計ることができない厄介なものですよね

 

夜更かしやストレスの関係については、

他のサイトは早く寝よう程度のことしか書かれてないので残念です

 

夜更かしでストレス発散している事実

ただ、夜更かしすることでストレスを発散できたり、

開放感に浸れるのも事実です

 

一人の時間を楽しんだり、

ダラダラしたりボーっとする時間は無駄ではない、

筆者はと思っているし感じてもいますからね。

 

その辺はどのサイトも触れていませんでしたので、

筆者のサイトではあえて書かせてもらいます

 

事実ですからね。

 

自己責任で夜更かしを楽しむことは、

いけないことではないと思っています。

 

夜更かしの意味のまとめ

夜更かしすることには意味がある

単純に「夜更かしは健康に悪いぞ」、

という他と似たようなサイトの内容にしたくなかったので、

こういう切り口であえて書かかせてもらっています。

 

体や健康に悪いと思っていても、

ついつい楽しみでやってしまうことはありますよね。

 

夜更かしすることには、それなりの意味や原因がある、

ということです

 

体に悪いと思っていても「おいしい」と感じたり、

たのしい」って思うことは正直たくさんあるからです。

 

選ぶのは個人の自由ですからね

 

  • 健康に良いよ、まずいけどね
  • 健康に良いよ、楽しくないけどね
  • 健康に良いよ、痛いけどね

 

というのを健康のためだと考えるか、

我慢と考えるのかの差ですね。

 

筆者はこれからも夜更かしを楽しむ

アレもだめ、コレもだめ」という感じになりつつある現代。

 

せめて自分の家では、自由にまったりしたり、

開放感を感じる時間くらいあっても良いのかなって。

 

それが夜更かしなのか、昼寝なのか、

個人でいろいろだとは思いますが。

 

夜更かしを楽しむということは個人的には大事だし、

必要な時間だと筆者は常に感じています

 

実際にこのブログの記事だって、

仕事が終わってから夜中に書いていますよ。

夜中にこそできることってあるし、はかどることもあるんですよね。

 

ただ、くれぐれも体や心を壊さない程度に、

夜更かしを楽しんで下さいね

 

何事も「適度」というものがありますからね。

そこは個人でしっかりおさえておきましょう。

 

この関連記事もよく読まれています

➡うつとは?症状や原因とは。うつを感じたときの対策と治療薬

➡生きるのが面倒くさい40代が増えている現実

➡人生とは迷うこと。辛いときでも行動することをやめてはいけない

➡迷うくらいなら行動する。できない理由から考えてないか?

➡神様はいるいない?お願いしてしまうことは。感謝の気持ちが大切

 

少しでも参考になれたら嬉しく思います。

ここまでお読みくださり、本当にありがとうございます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連コンテンツ

powered by Google

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文